播磨エリア

内橋ラーメン

内橋ラーメン

内橋ラーメン関連写真にカーソル移動でメニュー名などを表示

内橋ラーメン 店舗 内橋ラーメン 店内
内橋ラーメン 店内 内橋ラーメン 卓上調味料
内橋ラーメン ラーメン 内橋ラーメン ラーメン
内橋ラーメン ラーメン 内橋ラーメン 焼き豚入りおにぎり
【内橋ラーメン】
ジャンル
ラーメン、播州ラーメン
住所
兵庫県 西脇市 西田町181  マップ
アクセス
JR加古川線の黒田庄駅から南西へ徒歩約45分
 県道559号⇒県道297号を進み、西田町交差点左折すぐ

車で遠方からは中国自動車道「滝野社IC」もしくは
 山陽自動車道「三木小野IC」が最寄降り口
電話
0795-22-3922
営業時間
火~金  11:00~19:00
土日祝  11:00~20:00
定休日
月曜日、第1火曜日
目安予算
  ≪税別価格≫            2017.03.08
ラーメン    並 600円 中 800円 大 1100円
明日葉ラーメン 並 650円 中 860円 大 1200円
餃子        380円
焼き豚入りおにぎり 180円
ごはん       150円
ビール       470円
チュウハイ     400円
酒         350円
オレンジジュース  150円
コーラ       150円
お勧め
ラーメン(播州ラーメン)
駐車場
店舗前に居酒屋ゆあせ、ヘアサロン・ヒロシなどとの共同駐車場あり
 ※同一商業区画に赤茶色の屋根に平屋建て連棟の店舗がならぶ
備考
・『内橋ラーメン』は西脇市西田町70-4に1967年にオープンし、現在地に1985年に移転
公式HP
内橋ラーメン
取り寄せ
 
クーポン
 
メディア
 

内橋ラーメン  感想・口コミ     17/03/08
総合評価
       80点/100点
味・値段
【ラーメン】
 ・麺は柄木田製粉めぐみの国内産小麦(無添加、無漂白)、
  モンゴル産の天然塩、天然カン水を100%使用の自家製麺
   量は並、中、大で、中は一般の大盛り相当
 ・スープは、地元産の甘みのある醤油をベースに
   鶏がらや野菜などでとったスープは甘みが特徴
 ・トッピングはネギ、もやし、海苔、チャーシュー
 ・チャーシューはオーソドックス
 ・卓上調味料は胡椒、すり胡麻、一味、七味
 ・地域性もあるかもしれないがリーズナブルな値段
店舗
・昔ながらのラーメン店的な雰囲気で、横長な店内には窓向きのカウンター席やテーブル席、小上がり席(座敷)などがある
・レジの上には「播州ラーメン 発祥の地 認定店の証」が貼ってあり、その紙に「播州織が隆盛を極めた昭和30年代、西脇を中心とする一帯には、西日本各地から集団就職でこられた2万人近くの若い女性が働かれていました。その女性達の口にあうように作られた少し甘めのスープが「播州ラーメン」の味。その味が半世紀たっても今も伝えられて、この地に根付いている。」と書かれている
・ラーメンとぎょうざを一緒に注文すると、ぎょうざのできあがりに合わせてラーメンをもってきてくれる
・書架に漫画や雑誌、新聞などが多く置かれている
・支払いにクレジットカードの使用不可
・ラーメン鉢の底には、「22-3922(ツルツル サンキューツルツル)」と店の電話番号が書かれている
・全面喫煙可

 『播州ラーメンを狙ったが「西脇大橋ラーメン(西脇市)」「大橋中華そば(加東市)」
     「紫川ラーメン(加東市)」などの有名店は定休日で『内橋ラーメン』に。
     ラーメンと明日葉粉を混ぜた麺を使った明日葉ラーメンなどシンプルな
     メニューで、ラーメンの中(大盛り相当)と焼き豚入りおにぎりを注文。
    播州ラーメンのスープは味わう前から甘いと知って頂いたので驚きはなく、
     美味しく食べれるほのかな甘さ加減で、比較的すっきりとした優しい味で
     もっちり柔らかでソフトなストレート細麺との相性がいいね。
    トッピングもシンプルでチャーシューはオーソドックスで小さく薄めが3枚
     ネギともやしの食感がいい感じ。
   、     焼き豚入りおにぎりは1個の割りに高い感もなくもないが、兵庫県但馬産の
     有機肥料で育てたコシヒカリを使用とのことで、おにぎりはやや大きく
     ふんわり握られた中につけ込んだ焼豚や高菜などが入り美味しい』(80点)





御菓子司 総本家 かん川

御菓子司 総本家 かん川

総本家かん川関連写真にカーソル移動でメニュー名などを表示

御菓子司 総本家 かん川 しほみ饅頭 御菓子司 総本家 かん川 しほみ饅頭
御菓子司 総本家 かん川 しほみ饅頭 御菓子司 総本家 かん川 しほみ饅頭
御菓子司 総本家 かん川 しほみ饅頭 御菓子司 総本家 かん川 しほみ饅頭
御菓子司 総本家 かん川 しほみ饅頭 抹茶 御菓子司 総本家 かん川 しほみ饅頭 抹茶
【御菓子司 総本家 かん川】
ジャンル
和菓子、播州銘菓
住所
【本社・工場】兵庫県 赤穂市 中広108-21  マップ
アクセス
播州赤穂駅から東へ徒歩約10分
電話
【本社・工場】0791-45-2222
営業時間
8:00~19:00
定休日
無休
目安予算
  ≪税込価格≫           2016.11.20
【播州銘菓 しほみ饅頭】
  10ヶ入り  1050円  15ヶ入り  1575円
  20ヶ入り  2100円  25ヶ入り  2625円
  30ヶ入り  3150円  40ヶ入り  4200円
  50ヶ入り  5250円
お勧め
 
駐車場
 
備考
・『御菓子司 総本家 かん川』は創業300余年の老舗和菓子店で、駅前店(赤穂市加里屋駅前西通り)や、和風茶寮 甘味処かん川を併設した新田店(山陽自動車道 赤穂ICすぐ)などがある
・しほみ饅頭の由来
茶道をたしなむ浅野内匠頭は御用菓子師に命じ、赤穂浜の名塩を生かした「しほみ饅頭」を作らせ、京洛の宮家や江戸の将軍家への献上菓子にも用いられていた。 その後、天保の時代に播州赤穂に招いた、江戸で名匠と呼ばれた江戸屋藤治郎、平兵衛の父子が改良を重ね、真っ白な落雁風の皮、そしてあんにひと塩を加えた、現在の「しほみ饅頭」が完成する
公式HP
御菓子司 総本家 かん川
御菓子司 総本家 かん川 ※facebook
取り寄せ
上記HPから取り寄せ可能
クーポン
 
メディア
 

御菓子司 総本家 かん川  感想・口コミ     16/11/20
総合評価
       80点/100点
味・値段
【しほみ饅頭】
・京の落雁と同じく寒梅粉(餅の白焼きを粉にしたもの)に細かく挽いた砂糖を
  合わせた生地を外皮にし、赤穂塩を使った特製しほみ餡を包む
 6:4の割合で白と抹茶が入る
・お手ごろ価格でお土産にもいい定番和菓子
店舗
 

 『しほみ饅頭は定番の伝統和菓子で、中にこし餡たっぷりで、ほのかな塩味がいいね』(80点)