大阪難波 自由軒 難波本店

大阪難波 自由軒 難波本店

大阪難波 自由軒 難波本店関連写真にカーソル移動でメニュー名などを表示

大阪難波 自由軒 難波本店 店舗 大阪難波 自由軒 難波本店 店頭メニュー
大阪難波 自由軒 難波本店 店内 大阪難波 自由軒 難波本店 ミニ名物カレー付 ビーフカツ
大阪難波 自由軒 難波本店 ミニ名物カレー 大阪難波 自由軒 難波本店 ビーフカツ
【大阪難波 自由軒 難波本店】
ジャンル
カレーライス、洋食、大衆洋食、ハヤシライス
住所
大阪府 大阪市 中央区 難波3-1-34  マップ
アクセス
大阪市営地下鉄「なんば」駅から徒歩約3分
 11番出口から徒歩約2分
南海電車「難波」駅から徒歩約5分
大阪市営地下鉄or近鉄難波線「日本橋」駅から徒歩約6分
JR難波駅から徒歩約10分
 ビックカメラなんば店(旧プランタンなんば)向い
電話
06-6631-5564  ※予約不可
営業時間
11:30~21:00(L.O.)
定休日
月曜日(月曜日が祝日の場合は翌火曜日)
目安予算
  ≪税込価格≫           2019.05.06
名物カレー     並 750円  大 950円
別カレー      並 700円  大 900円
名物ハイシライス  並 700円  大 900円
別ハイシライス   並 700円  大 900円

串カツ、海老の串カツ          350円
若どりの唐あげ             400円
トンカツ、ドライカレー、チキンライス  700円
海老クリームコロッケ、チキンカツカレー 750円
オムライス               800円
カツカレー               850円
ビーフカツ              1000円

ミニ名物カレー付 焼き肉       1350円
ミニ名物カレー付 ビーフカツ     1500円
ミニ名物カレー付 サーロインステーキ 1550円

からあげ定食              800円
トンカツ定食、チキンカツセット     850円
エビフライ定食             950円
焼き肉セット             1000円
サーロインステーキセット       1250円
Bセット               1200円
Aセット               1300円

生ビール      小 400円  大 500円
ビール(瓶)    小 350円  大 530円
清酒                  350円
コーラ、ジュース            300円
お勧め
名物カレー
駐車場
駐車サービスなし。 周辺にコインパーキングあり
備考
・『大阪難波 自由軒 難波本店』は1910年(明治43年)に大阪に初めてできた老舗洋食店で、看板メニューの「名物カレー」は日本で最初に生玉子をトッピングしたカレーとされている
・『自由軒』は難波本店のほか、大阪市港区海岸通1にある天保山マーケットプレース2Fに「自由軒 天保山店」がある
公式HP
大阪難波 自由軒
取り寄せ
楽天市場から取り寄せ可能
クーポン
 
メディア
・テレビ「かんさい情報ネットten.」(2018.9.24) で、『大阪難波 自由軒 難波本店』の「名物カレー」を「老舗108年営業の自由軒のお客をとりこにするドライカレーは、多い時は600食売れるときもあり、特製ソースをかけて食べることもできる」と紹介
・テレビ「シューイチ」(2017.9.10) のご当地レトルトカレーを和牛がランキングするコーナーで、『大阪難波 自由軒 難波本店』の「名物カレー」を「秘伝のダシなどを2日間煮込んだカレールーをご飯と混ぜるだけで家でも同じ味が楽しめる」と紹介
・テレビ「魔法のレストラン」(2012.12.10) で、『大阪難波 自由軒 難波本店』の「名物カレー」を「大阪のカレーの原点と言われていて、創業者の吉田四一が大阪で友人から西洋人の体がたくましいのは洋食を食べているからだと聞き、カレーのルーとご飯を混ぜ生卵を落としたカレーを考案。以来,大阪の人々に愛されている。このカレーには、更に特製のウスターソースが欠かせない」と紹介
・テレビ「しゃべくり007 」(2012.6.2) で、徳井義実が生田斗真にオススメするカレー屋さんとして『大阪難波 自由軒 難波本店』を紹介し、「名物カレー」のおススメの食べ方は「何もかけずにまず食べ、その次に卵と一緒に、最後に特製ソースと一緒に食べる」と説明し、生田斗真は「完成した!これ3度美味しいわ」とコメント
・テレビ「ビーバップ!ハイヒール」(2012.2.25) の「外国人が通う大阪の名店Best3」特集で、『大阪難波 自由軒 難波本店』の「名物カレー」を「ご飯とルーが最初から混ざったカレーが親しみやすく抵抗なく食べられるので人気」と紹介

大阪難波 自由軒 難波本店  感想・口コミ     19/05/06
総合評価
       80点/100点
味・値段
【名物カレー】
・創業当時に考案された調理方法やレシピを変えることなく伝承
・ご飯とカレーを混ぜ合わせ、その上に生玉子をトッピングし、
  カレー本来の香味を損なわぬよう、あえて具は玉葱と牛肉のみ
  味わいを出すため「うすくち」と呼ばれるダシ汁を使用
・全て自然の素材を使い、また合成保存料などは一切不使用
・まず生玉子とカレーを混ぜ、さらに好みでソースをかけて食べる
・コスパ的には標準的か
店舗
・大変歴史が感じられ大衆洋食の名がぴったりな雰囲気で、4~6人掛けテーブル席が並び全40席弱ほどだが基本相席となることが多い
・支払いにクレジットカードの使用不可
・店内は完全禁煙

 『名物カレーと一緒に他の洋食メニューも食べたかったので、かなり種類が多い
     セットメニューの中から、ミニ名物カレー付ビーフカツを注文。
     祝日の夕方で店内は8割ほど入っていて、他のお客さんの注文も
     やはり名物カレーが多いよう。
    ほどなくサーブされた名物カレーは、はじめからルゥとライスが混ぜられ
     ドライカレーにも見える感じで中央の窪みに生玉子が載った個性派で
     まずそのまま食べるとどこか懐かしいカレーの風味がダイレクトに来て
     辛いというかスパイシー。 店内の説明書きのように生玉子を混ぜると
     まろやかさがいい感じで正に王道の組み合せ。さらにウスターソースを
     かけるとスパイスとコクとまろやかさのバランスが一段と高まりうまい。
    ビフカツはワンプレートに野菜がたっぷりと添えられ、肉はやや硬めだが
     ボリュームもあって美味しい。
    混雑した店内だがテキパキとした接客は小気味よく、歴史と情緒ある老舗の
     名物料理にリスペクト』(80点)


大阪難波 自由軒 難波本店の通販

取り寄せはこちらの画像クリック




トラックバック

トラックバックURL:
http://www.ex-info.net/mt/mt-tb.cgi/1310

コメントをどうぞ!




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)