ブルーボトルコーヒー 神戸カフェ

ブルーボトルコーヒー 神戸カフェ

ブルーボトルコーヒー 神戸カフェ関連写真にカーソル移動でメニュー名などを表示

ブルーボトルコーヒー 神戸カフェ 店舗 ブルーボトルコーヒー 神戸カフェ 真ちゅう製のコーヒーバーカウンター
ブルーボトルコーヒー 神戸カフェ 真ちゅう製のコーヒーバーカウンター ブルーボトルコーヒー 神戸カフェ 店内
ブルーボトルコーヒー 神戸カフェ ブレンドコーヒー ブルーボトルコーヒー 神戸カフェ オリジナルグッズ販売
ブルーボトルコーヒー 神戸カフェ 食器返却コーナー ブルーボトルコーヒー 神戸カフェ ビル西側のショップ広告
【ブルーボトルコーヒー 神戸カフェ】
ジャンル
コーヒー専門店、カフェ
住所
神戸市 中央区 前町1  マップ
アクセス
JR/阪神電車元町駅から南東へ徒歩約6分
神戸市営地下鉄 海岸線 旧居留地/大丸前駅から南へ徒歩約4分
 旧居留地内で大丸神戸店の1ブロック南で西行一通沿いの北側
 スターバックス旧居留地店から南東にすぐ
電話
078-515-6115
営業時間
8:00~19:00
定休日
無休
目安予算
  ≪税別価格≫         2018.07.30
【ドリップコーヒー】
 ブレンド             450円
 シングル・オリジン        550円
 オーレ              500円
【アイスコーヒー】
 ニューオリンズ          500円
 コールドブリュー         500円
 カスカラフィズ          550円
 レモネード            550円
【エスプレッソドリンク】
 エスプレッソ           450円
 マキアート            460円
 ジブラルタル           480円
 アメリカーノ           450円
 カプチーノ            500円
 ラテ               520円
 モカ               600円
 ※シングルオリジンエスプレッソ +100円
【夏限定コーヒーカクテル】
 ミッドサマー           520円
 カスカラパイン          550円
【その他】
グラノーラ             900円
オリジナルグラノーラ +ミルク   600円
ハニー&シーソルト グラノーラバー 350円
チョコレートチップクッキー     300円
サフラン&バニラビーンズクッキー  300円
グリーンティーミントクッキー    200円
レモン&ヨーグルト バウンドケーキ 400円
コールドブリューコーヒーゼリー   280円
メープルピーカンブロンディ     280円
コールドブリュー(缶入)       600円<
お勧め
ドリップコーヒー
駐車場
駐車サービスなし。 周辺にコインパーキングあり
備考
・『ブルーボトルコーヒー 神戸カフェ』は2018年7月20日にオープン
・『ブルーボトルコーヒー』はアメリカ発祥のカフェで、国内では2015年に東京(清澄白河)に1号店がオープン。 神戸カフェは全国で9店目、関西では京都に次いでの出店
公式HP
・HP   ブルーボトルコーヒー
・facebook ブルーボトルコーヒー
・instagram ブルーボトルコーヒー
取り寄せ
ブルーボトルコーヒー楽天公式店から取り寄せ可能
クーポン
 
メディア
・テレビ「おはよう朝日です」(2018.4.5) で、『ブルーボトルコーヒー京都カフェ』を「京都南禅寺近くにあり、アメリカ初の珈琲店で東京でも大人気を博した。1杯のコーヒーに拘りがあり、豆毎に一番美味しいと感じられるピークを見極めてコーヒーを入れている。豆毎の違いが生きるように焙煎,粗さ,湯の量,時間等を調整し、カップに入れるタイミングが一番美味しくなるように計算している。更に店で毎日手作りしているパウンドケーキとクッキーもコーヒーにピッタリ」と紹介
・テレビ「にじいろジーン」(2017.6.10) で、山口智充さんと石田ひかりさんが『ブルーボトルコーヒー 中目黒カフェ』の毎月2回開催されているドリップセミナーと、その中で、美味しさのポイントは「粉と水の量をしっかり計測すること。豆はグラニュー糖位の粗さに調整すること。4回に分けて注ぐこと」と紹介
・テレビ「めざましテレビ」(2015.12.17) で、『ブルーボトルコーヒー』を「グーグルの急上昇ランキングの「初上陸」ランキング1位で、豆の味が際立っているのが特徴」と紹介
・テレビ「SmaSTATION!!」(2015.6.20) の「2015年上半期ヒットランキングベスト15」で、『ブルーボトルコーヒー』を「第10位で世界的にコーヒーの第三次ブーム「サードウェーブコーヒー」として注目されており、サンフランシスコで2002年に創業し2015年2月清澄白河にオープン。 サードウェーブコーヒーの特徴は豆の味を最大限引き出すことで、創業者のジェームス・フリーマンは日本に来た時に訪れた昔ながらの喫茶店でコーヒーを出すスタイルに感銘を受け、注文を受けてからドリップする日本の喫茶店スタイルを採用。 出来上がりまで5~10分かかるが連日行列」と紹介

ブルーボトルコーヒー 神戸カフェ  感想・口コミ     18/07/30
総合評価
        85点/100点
味・値段
・ブレンドコーヒーなどは注文を受けてから専属のバリスタが
  1杯ずつハンドドリップ
・フレッシュな豆のみにこだわり、豆によって異なるおいしさの
  ピークに合わせてエイジングし、提供
・平均的価格帯だが、スタバより少し高目な印象
店舗
・ホールの真ん中に、櫓をイメージした真ちゅう製のコーヒーバーカウンターがあり、そこで先に注文と支払いをして、席を確保。 支払い時に聞かれた名前の呼び出しで、バーカウンターにセルフでとりにいく。 退店時には食器返却コーナーにもっていくスタイル
・むき出しになった天井は高く、シンプルなデザインの広いホールには、丸型相席大テーブル席や二人掛けのテーブル席や、背もたれがなく壁を背にするクッションのいいテーブル席など63席ほどあり
・声が反響しやすく、流石に混んでることもあり、長居するような感じではないかも
・支払いにクレジットカードの使用可能
・店内完全禁煙
・wifiはなさそう
・店舗前には6段ほどの階段があるが、ビルの南側の東端もしくは西端からまわるとスロープになっている
・オリジナルグッズなども販売されている

 『オープン2日目土曜夕方に行くも大行列で断念し、10日後の月曜15時ぐらいに
     最訪したがほぼ満席。スタッフ曰くオープン時が比較的空いてるとか。
    エスプレッソマシーンは不調とのことで、店内のお客さんの多くはブルー
     ボトルのマークのついたプラケースに入ったアイス系を飲んでいたが、
     暑い中だがバリスタによるハンドドリップが売りなのでブレンドに。
    コーヒーを淹れてくれる間、スタッフから珈琲や店のことなどいろいろと
     親切に説明をしていただけるのは嬉しいサービスで、本日のブレンドは
     ジャイアントステップスだとか。
    コーヒーは陶器でなく透明な耐熱樹脂製で、持ち手の張り出しが長いので
     全く熱さはない。 味わいはボディがしっかりめで、酸味控えめで
     心地よい苦みが印象的な好みに近いタイプでストレートでも美味しい。
    話題性、希少性もあり、まだまだ当面は大賑わいが続きそう』(85点)


ブルーボトルコーヒーの通販

取り寄せはこちらの画像クリック




トラックバック

トラックバックURL:
http://www.ex-info.net/mt/mt-tb.cgi/1258

コメントをどうぞ!




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)