ラーメンたんろん 本店

ラーメンたんろん 本店

ラーメンたんろん 本店関連写真にカーソル移動でメニュー名などを表示

ラーメンたんろん 本店 店舗 ラーメンたんろん 本店 店内
ラーメンたんろん 本店 卓上調味料 ラーメンたんろん 本店 油そば
ラーメンたんろん 本店 油そば ラーメンたんろん 本店 油そば
【ラーメンたんろん 本店】
ジャンル
油そば、ラーメン、つけ麺
住所
兵庫県 西宮市 城ケ堀町2-13  マップ
アクセス
阪神西宮駅から北東へ徒歩約8分
JR西宮駅から北西へ徒歩約13分
阪急夙川駅から南東へ徒歩約14分
 国道171号線の城ケ堀町~城ケ堀町北の間の東側沿い
  宮っ子ラーメン城ヶ堀店の3軒北隣で
   贔だしやの2軒北側で、
   らーめん徹信の171号線を挟んだ向かい側
電話
0798-36-7222  ※予約不可
営業時間
11:00~24:00
定休日
無休(年末年始を除く)
目安予算
  ≪税込価格≫        2018.06.16
油そば  卵付            650円
油そば  卵付  大盛        750円
油そば  卵付  特盛        850円
 ※卵なしにしても金額は同額
つけ麺  小、並、中         850円
二代目たんろんラーメン        700円
たんろん魚介ラーメン         700円

麺大盛               +100円
麺特盛               +200円
チャーシュー2枚、味玉       +200円
レアチャーシュー4枚        +200円
バラチャーシュー4枚        +200円
ミックスチャーシュー レア2,バラ2   +200円
味玉、ネギ、メンマ、海苔、チーズ 各+100円
生卵                + 50円

ライス                100円
ライス 大、丼 大         各150円
レアチャーシュー丼          300円
炙りチャーシュー丼          300円
ビール                500円
お勧め
油そば
駐車場
駐車サービスなし。 周辺にコインパーキングあり
備考
・『ラーメンたんろん 本店』は2008年6月28日にオープン
・『ラーメンたんろん』は本店のほか、塚本店(大阪市淀川区塚本2-25-1)もあり
・年に数回、不定期に「ラーメンたんろん 白(ゼロ)」と屋号を変え暖簾を掛け替え、普段とは別メニューの店となる
・年に数回、不定期に「麺処若松」と屋号を変え暖簾を掛け替え、普段とは別メニューの濃厚豚骨魚介の江戸つけ麺のみの店となる
公式HP
・HP  ラーメンたんろん
・twitter   ラーメンたんろん
取り寄せ
 
クーポン
無料メール会員になると限定や臨時メニューの案内がもらえる
メディア
・テレビ「せやねん」(2017.5.27) の「ラーメン激戦区~西宮~オンリーワンラーメン食べにいこ!」のコーナーで、『ラーメンたんろん 本店』を「一押しは特製ダレをからめて食べる油そば。味の決め手は香味野菜を10種類以上炊き込んだ特製醤油ダレと鶏皮などを使って独自の製法で抽出している鶏油で、麺は太麺でよく絡めて食べる。トッピングの目玉は豚肩ロースのレアチャーシュー」などと紹介
・テレビ「ウラマヨ!(2015.5.23) で、『ラーメンたんろん』を「若松広樹オーナーは元自衛隊の精鋭「レンジャー部隊」の隊員で、つけ麺ブームの真っ最中に関西でいち早く油そばを看板にしたお店」と紹介
・テレビ「おはようコールABC」(2014.5.22) で、横山太一アナが『ラーメンたんろん』を「店主が独学で試作を重ねた「たんろんラーメン」は濃厚でコクがある。「油そば」は人気メニューで、特製醤油ダレと独自に抽出した鶏油が太麺に絡みつく汁なし麺で、おろしニンニク、生卵を混ぜると絶品」と紹介
・テレビ「す・またん」(2012.12.6) の「森ちゃん 関西ラーメンファイル」のコーナーで、 『ラーメンたんろん』を「店名はブルース・リーのファンだった店主が「ドラゴンへの道」の主人公の名前にちなみ、鶏白湯と魚介のありそうでなかった濃厚スープの「たんろん鶏魚介ラーメン」は、魚介の効いたスープは鶏のゼラチンがたっぷりで麺屋棣鄂の特製麺によく絡む」と紹介

ラーメンたんろん 本店  感想・口コミ     18/06/16
総合評価
        85点/100点
味・値段
【油そば】
 ・麺は、もっちり中太麺
 ・タレは香味野菜を10種類以上炊き込んだ特製醤油ダレと
   鶏皮などを使って独自の製法で抽出している鶏油で濃厚
 ・トッピングはネギ、メンマ、海苔、チャーシュー、(にんにく)
 ・チャーシューはジューシーなアンデス高原豚の肩ロースのレア
 ・卓上に胡麻、一味、胡椒、スタッフに言えば酢とラー油も
 ・平均的な値段
店舗
・店内はやや狭く一昔前のザラーメン屋的な雰囲気で、赤いL型カウンターに12席ほどあるが、テーブル席はない
・店頭に券売機がある、食券システムのため、クレジットカードの使用不可
・店内は完全禁煙
・水はセルフサービスだが水ポットはなく、ウォーターサーバーが一台コーナーに置かれている
・店内には店頭の路上モニターが設置されている
・店内には「せやねん」のシールや「食べログ ラーメンWEST 2018 百名店」のポスターなどが貼られている
・入口は手動のスライドドアで段差はないが、店内は狭い
・店頭には名物の油そばがラッピングされた真っ赤な自販機がよく目立つ。 また灰皿スタンドも入口に置かれている

 『土曜の15時ぐらいと合間の時間帯なのに入店時は満席に近い状態。
     油そばは注文時にニンニクを入れるかの確認があり、しばらくして着丼。
    油そばは先ず底のタレをまんべんなく絡ませる為にしっかりと混ぜ混ぜ。
     麺はもっちもち食感の中太麺で、鶏油の効いた濃厚なタレはニンニクと
     相性抜群で美味しく、攻めてる感のこってり油感が少し癖になりそうで
     豪快にすする男麺でいいね。
    トッピングの短冊切りのチャーシューは、レアでやわらかジューシーで
     メンマもやわらかで、麺やタレに負けない存在感があっていいね。
    途中別添えの生卵を入れたが、かなりまろやか感じに変わり、個人的には
     生卵なくてもいいかも。 ただ卓上調味料などで一度では自分の好みの
     味にするのが難しく、また来てベストな食べ方と味変のタイミングを
     探ってみたいし、全く違うメニューになる別屋号の日も来たい』(85点)



トラックバック

トラックバックURL:
http://www.ex-info.net/mt/mt-tb.cgi/1238

コメントをどうぞ!




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)