広尾のカレー あにき

広尾のカレー あにき

広尾のカレーあにき関連写真にカーソル移動でメニュー名などを表示

広尾のカレー あにき 店舗 広尾のカレー あにき 店頭看板
広尾のカレー あにき 店内 広尾のカレー あにき 自家製ピクルス
広尾のカレー あにき 牛テール炙り中 広尾のカレー あにき 炙りテール付牛テールカレー
【広尾のカレー あにき】
ジャンル
カレー、欧風カレー、カレーラーメン、ダイニングレストラン
住所
神戸市 中央区 元町通2-8-6 村田ビル 1F  マップ
アクセス
JR・阪神 元町駅の西口から南東へ徒歩約1分
 元町商店街の一本北の東行一通の元町北通の北側沿いで
  パチンコ元町会館の東隣
電話
078-331-5115
営業時間
平日 11:00~16:00、18:00~21:00
土曜 11:00~21:00
日祝 11:00~20:00
 ※2018年3月1日から変更
定休日
月曜日(祝日の場合は月曜営業、翌火曜休み)
目安予算
  ≪税込価格≫         2018.03.10
【ランチメニュー】
 《ランチセット》 ピクルス、ドリンク付
 牛テールカレーライスセット    850円
 カレーラーメンセット       850円

 《カレー》
 牛テールカレー 黄帯(少なめ)  730円
         青帯(普通盛り) 780円
         黒帯(大盛り)  930円
 肉カレー(国産黒毛和牛)    1250円
 季節の野菜カレー        1050円
 カツカレー           1050円
 コロッケカレー          930円
 ハムカツカレー          890円

 《トッピング》
 炙りテール(数量限定)  100~300円
 たまご(生・温・ゆで)       80円
 こんがりチーズ          100円

 《追加メニュー》
 ルー               200円
 キャベツ             100円
 辛さ(0.5) これでもまあまあ    50円
   (1.0) 結構きます      100円
   (1.5) かなりきます     150円
   (2.0) 相当きます      200円
 おいしいごはん 小        120円
         中 150円 大 200円

 《カレーラーメン》
 肉ラーメン(国産黒毛和牛)   1250円
 季節の野菜カレーラーメン    1050円
 広尾のカレーラーメン       780円
 《ドリンク》
 生ビール(アサヒスーパードライ) 420円
 グラス              380円
 ウイスキー、梅酒、グラスワイン  420円
 サワー、芋焼酎          380円
 アサヒゼロ(ノンアルコール)   450円
 烏龍茶、コーラ、オレンジジュース 280円

【ディナータイムメニュー】
 カレー&ラーメン ランチより   +50円
 国産黒毛和牛鉄板焼       1580円
 四元豚鉄板焼(ロース)      980円
 サクサク国産黒毛和牛コロッケ   480円
 トマトと大葉の塩だれマリネ    460円
 こうじ直伝ポテトサラダ      430円
 自家製ピクルス          400円
 店長が選んだ今一番おいしいトマト 380円
 黒酢の枝豆、フライドポテト、唐揚 380円
 白金豚生ソーセージ(1本)2本から 200円
お勧め
・炙りテールをトッピングした牛テールカレー
・店長おすすめは、カツカレー、季節の野菜ラーメン
駐車場
駐車サービスなし。 周辺にコインパーキングあり
備考
・『広尾のカレー あにき』は2017年3月9日に、東京広尾の「広尾のカレー」2号店としてオープン
公式HP
・HP  広尾のカレー あにき
・facebook 広尾のカレー あにき
取り寄せ
 
クーポン
 
メディア
・テレビ「火曜サプライズ」(2017.11.14) で、『広尾のカレー』を「ユースケ・サンタマリアが気になるお店で、8種類もあるボリュームたっぷりのトッピングが人気で有名人のファンも多い」と紹介し、DAIGOさんが「生姜焼きカレー」を食べて「めちゃくちゃ美味しい。辛くないけどスパイスがきいてる」とコメント
・テレビ「おはよう朝日です」(2017.7.3) で、『広尾のカレー あにき』を「このお店は東京広尾にある人気カレー店の2号店で、ここでこだわっている食材は「米」。兵庫県丹波産のコシヒカリか新潟県産のカレー専用米から選ぶことができる」と紹介し、矢野ひろしさんが「牛テールカレー」を食べ「野菜と牛の旨みが溶け出して、直線的な辛さじゃなくて角とれた感じ」とコメント
・テレビ「嵐にしやがれ」(2013.10.26) の「東京イイ店クドイ店」のコーナーで『広尾のカレー』を「テールカレーに出汁をとっていたテールをトッピングし、炙って食べる。 その味は素朴な物だが、様々なスパイスの味わいが広がる」と紹介し、松本潤さんが「炙りテールを使ったテールカレー」を食べて「今まで食べたカレーの中で一番美味しい」とコメント

広尾のカレー あにき  感想・口コミ     18/03/10
総合評価
       80点/100点
味・値段
・県内の厳選国産但馬牛テールを使ったコクのある欧風カレー
・こだわりの米は下記2種から選べる
 ・店内精米した兵庫県丹波市氷上町産の有機栽培コシヒカリ
 ・インディカとジャポニカ米配合のカレー専用米の新潟妙高上越華麗米
・お昼はランチ、夜は単品もありダイニング的な利用も可
・ランチはお手頃価格
店舗
・白と黒を基調としたシックで落ち着いた雰囲気の店内には手前側に大理石のカウンター席が6席ほどと、店内で三段上がった奥に4人掛けテーブル席が2卓と2人掛けテーブル席が1卓ほどあり
・ランチ禁煙で、ディナータイムのテーブル席のみ喫煙可

 『店舗前に並ぶお祝いの花のスタンドを見て新規開店かと思ったが1周年とのこと。
    ランチメニューに定番とあった牛テールカレーライスセットを注文。
     セットはオレンジジュースか烏龍茶と自家製ピクルス食べ放題付。
     ライスは2種類の中から、カレー専用米をチョイス。
    カウンターの上に吊られた手持ちの溶接面に興味津々でトッピングに
     炙りテールを追加すると、溶接面とバーナーでの炙りパフォーマンス。
    牛テールカレーは、あっさりルーにキャベツの千切りがトッピングで
     カレー専用米はインディカ米特有の食べにくさがなく、やや粘りが
     少なくかための印象だが、カレーには合っている感じだね。
    ルウは少し控えめなまろやかな辛さで、特に具として形あるテールなどが
     入っているわけでないが、さらっとした優しい感じ。
    追加した炙りテールは、とろとろほわほわでこれまたいい感じだね』(80点)



トラックバック

トラックバックURL:
http://www.ex-info.net/mt/mt-tb.cgi/1207

コメントをどうぞ!




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)