ワーフルハウス(Wafelhuis)

ワーフルハウス(Wafelhuis)

ワーフルハウス(Wafelhuis)関連写真にカーソル移動でスイーツ名などを表示

ワーフルハウス(Wafelhuis) 店舗 ワーフルハウス(Wafelhuis) 店頭ストロープワッフルの自販機
ワーフルハウス(Wafelhuis) テイクアウトコーナー ワーフルハウス(Wafelhuis) カフェスペース
ワーフルハウス(Wafelhuis) ストロープワッフル クライン(小)とコーヒー ワーフルハウス(Wafelhuis) ストロープワッフル クライン(小)
ワーフルハウス(Wafelhuis) ストロープワッフル クライン(小) ワーフルハウス(Wafelhuis) クラウモーアイシュ
【ワーフルハウス(Wafelhuis)】
ジャンル
ストロープワッフル専門店、カフェ、オランダ名物、焼き菓子
住所
神戸市 灘区 六甲町1-6-21  マップ
アクセス
JR六甲道駅から北西へ徒歩約6分
阪急六甲駅から南へ徒歩約6分
 鳥居のある六甲宮前商店街の西側沿いで山手幹線すぐ南
電話
078-858-6663
営業時間
11:00~18:00
定休日
日曜日
目安予算
  ≪税込価格≫               2016.11.14
【ストロープワッフル】
 クライン(小)
  シナモン、バニラ、オレンジ、ゆず、りんご      120円
  チョコ、抹茶、苺、モカ、チーズ、アールグレー、栗  170円
  ホワイト、ディライト、ブリザード          250円
 グロート(大)
  シナモン、バニラ、オレンジ             230円
【サイドメニュー】
 クラウモー(ワッフル生地の切れ端へのキャラメル掛け) 200円
 クラウモーアイシュ(バニラアイスにクラウモーをトッピング) 300円
 特製グラノーラ                    500円
【飲み物】
 エスプレッソ、コーヒー、カフェラテ、紅茶、ココア、ジュース
                           各400円
お勧め
ここでしか味わえないいろいろなストロープワッフル
駐車場
駐車サービスなし。 周辺にコインパーキングあり
備考
・『ワーフルハウス(Wafelhuis)』は、催事やインターネット販売などから始め、2010年に阪急六甲北(神戸市灘区宮山町2-5-2)にオープン、その後2014年に現在地に移転
・ストロープワッフルとは18世紀末ごろ、オランダのゴーダ地方で誕生したとされる格子模様の円形の薄いワッフル生地の間にキャラメルシロップを挟んだ伝統菓子で、「ストロープ」とはオランダ語でシロップのこと。 ユニークな食感が特徴で焼きたてワッフルの生地はサクサク、キャラメルはとろ~リ。しばらくすると全体的にしっとりとし、そのまま食べるとキャラメルはねっとり。 少し温めるとねっとりキャラメルはまた柔らかに
・ 焼きたてのストロープワッフルの美味しさの再現方法として下記紹介
 ・熱い飲み物を入れたコップの上に蓋をするように数分乗せる
 ・キャラメルが垂れないようアルミホイルに乗せトースターの余熱で温める
公式HP
ワーフルハウス(Wafelhuis)
取り寄せ
上記HPから取り寄せ可能
クーポン
 
メディア
・テレビ「ZIP!」(2016.1.14) の「2016年注目のスイーツ特集」で『ワーフルハウス(Wafelhuis)』を「大注目の新食感スイーツ、オランダの手づくり焼き菓子「ストロープワッフル」は10種類以上のフレーバーが楽しめる。 専用の機械でプレスして焼いた薄いクッキー生地の間に特製のキャラメルシロップをたっぷりサンド。 温かい飲み物の上に蓋をすると熱でキャラメルが溶け焼きたての美味しさが再現できる」と紹介
・テレビ「よ~いドン! 」(2013.12.2) の「本日のオススメ3」コーナーで、三坂美代子さんが「贈り物や手土産にピッタリの絶品スイーツ」として『ワーフルハウス(Wafelhuis)』の「ストロープワッフル」を紹介
・神戸新聞(2014.10.29)で『ワーフルハウス(Wafelhuis)』を「日本人の口に合うように甘さ控えめな焼き立てストロープワッフルが食べられる国内でも珍しいお店」と紹介

ワーフルハウス(Wafelhuis)  感想・口コミ     16/11/14
総合評価
       80点/100点
味・値段
【ストロープワッフル】
・北海道産小麦粉、丹波こだわり卵(芦田ポートリー)、国産バター、
  低トランス脂肪酸マーガリン、豊前棚田ユズペースト、宇治抹茶、
  ヴァローナ社カカオパウダー、神戸紅茶のアールグレイなど使用で
  保存料は一切使用せず
・ワーフルハウスオリジナルのフレーバーが常時10種類以上
・日持ちは常温で2ヶ月で、お手頃価格
店舗
・スカイブルーの店構えと掲げられたオランダ国旗が目立つ外観で、テイクアウトできるほか、イートインできるカフェスペースもあり
・カフェホールとテイクアウトショップが一体となったこじんまりとしていて、 2人掛けのテーブル席が4卓あるほか、店頭には2人掛けのテラス席が1卓あり
・店頭にはオランダの木靴やストロープワッフルの自動販売機などが置かれている

 『甘い香りと温かみある雰囲気に誘われて入店。テイクアウトもできるがカフェ利用。
     カフェスペースはゆったり落ち着いた感じでガラス越しに厨房が見える。
    席間隔が広い、座り心地よいクッションのベンチシートで少し待っていると
     できたてのストロープワッフルと飲み物が。
    ストロープワッフルは一般的なベルギーワッフルと違い、ホロサクッとした
     温かい薄焼きの生地に間に、ねとっ~と少し糸をひくような感じの
     程よい甘さのキャラメルシロップが挟まれた初めて食べるスイーツ。
    バニラアイスにワッフルを成形する時にできた切れ端「クラウモー」を
     トッピングしたクラウモーアイシュは、単品のワッフルより少し厚めな
     感じで食感がいい切れ端がてんこ盛り。 それにシロップもたっぷりと
     かけられているので少し濃厚な甘みで、リセット用の水が欲しいところ。
    BGMも特になく山手幹線に近いのに本当に静かでゆったりと流れる時間の
     贅沢さを感じさせてくれる隠れ家的カフェで丁寧な接客もいい、オランダ
     伝統のストロープワッフルのオンリーワンショップ』(80点)



トラックバック

トラックバックURL:
http://www.ex-info.net/mt/mt-tb.cgi/1010

コメントをどうぞ!




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)