鳴門鯛焼本舗 阪急三宮駅前店

鳴門鯛焼本舗 阪急三宮駅前店

鳴門鯛焼本舗 阪急三宮駅前店関連写真にカーソル移動でメニュー名などを表示

鳴門鯛焼本舗 阪急三宮駅前店 店舗 鳴門鯛焼本舗 阪急三宮駅前店 持ち帰り用ケース
鳴門鯛焼本舗 阪急三宮駅前店 天然鯛焼き『北海道十勝産小豆』 鳴門鯛焼本舗 阪急三宮駅前店 天然鯛焼き『北海道十勝産小豆』
【鳴門鯛焼本舗 阪急三宮駅前店】
ジャンル
たい焼き、スイーツ
住所
神戸市 中央区 北長狭通1-9-5  マップ
アクセス
JR三ノ宮駅から北西へ徒歩約5分
阪急神戸三宮駅の西口から西へ徒歩約1分
 いくたロードとサンキタ通り(高架北側西行一通)との交差点の北東角
電話
078-321-5520
営業時間
11:00~23:00
定休日
年中無休
目安予算
  ≪税込価格≫       2016.3.24
天然鯛焼き 北海道十勝産小豆  160円
天然鯛焼き 鳴門金時いも    180円
アイスもなか          120円
アイスもなか あずき入り    150円
わらび餅            280円
お勧め
天然鯛焼き 北海道十勝産小豆
駐車場
駐車サービスなし。 周辺にコインパーキングあり
備考
・『鳴門鯛焼本舗 阪急三宮駅前店』は2010年2月27日にオープン
・『鳴門鯛焼本舗』は、阪急三宮駅前店のほか、神戸市東灘区岡本に「岡本店」、兵庫県尼崎市武庫之荘に「阪急武庫之荘店」、兵庫県伊丹市中央に「阪急伊丹駅前店」、兵庫県川西市の阪急川西能勢口駅構内に「阪急川西能勢口店」、兵庫県姫路市駅前町に「姫路店」などが兵庫県内にあり、他にも東京、大阪、京都、岡山にもチェーン展開している
・『鳴門鯛焼本舗』はドリームアドバンス株式会社が手掛ける一ブランドで、他にも、 たこ焼、お好み焼、焼そばの「じゃんぼ総本店」、お好み焼の「銀の卵」、ちりとり鍋の「韓兵衛星」、串かつの「川原田」、たこ焼、お好み焼、焼そば、クレープの「汽車ポッポ」、クレープの「街かどクレープ」なども同社のブランド
公式HP
鳴門鯛焼本舗
取り寄せ
上記HPから取り寄せ可能能
クーポン
 
メディア
・テレビ「L4YOU!」(2015.7.24) の「ぶらり東京通りさんぽ~江戸通り篇~」で、森尾由美さんが『鳴門鯛焼本舗 浅草橋店』で「アイスもなか あずき入り」を食べながら紹介
・テレビ「ちちんぷいぷい」(2015.2.20) の「酒井藍の密着まるまる1日」のコーナーで 酒井藍さんが、たい焼き屋での餡取り体験を行う店として『鳴門鯛焼本舗』が選ばれる
・テレビ「PON!」(2013.9.10) で、沖縄出身の女性ユニット「やなわらばー」が『鳴門鯛焼本舗』の「天然鯛焼き 鳴門金時いも」をオススメと紹介

鳴門鯛焼本舗 阪急三宮駅前店  感想・口コミ     16/03/24
総合評価
        85点/100点
味・値段
【天然鯛焼き 北海道十勝産小豆】
・天然鯛焼きとは一匹ずつ丁寧に焼く「一丁焼き」という伝統的
  焼き上げ製法で作った鯛焼きで、直火で短時間で焼き上げ、
  皮の表面をパリッ仕上げる
・生地
 拘りの小麦を独自ブレンドし一晩かけて熟成させたパリパリの薄皮
・餡
 十勝産小豆を日本名百選の大峰山系天然水で炊き上げ、甘さ控えめ
・お手ごろ価格

時間がたってもおいしく食べる方法
 ・小さじ一杯ほどの水でたいやきに、満遍なく馴染ませる
 ・オーブントースターで2~3分ほど焼くと薄皮のパリッと食感が
   よみがえり、香ばしく食べられる
冷凍保存の方法(2~3日以内で)
 ・まずたいやきを一匹ずつ丁寧にサランラップして冷凍庫で保存
 ・食べるときは冷凍庫から取り出し、常温に戻す
店舗
・対面販売のテイクアウト専門店だが、店頭にベンチ2脚置いてあり、座って食べることもできる
・支払いにクレジットカードの使用不可

 『天然鯛焼き・北海道十勝産あずきは、皮がパリパリの薄皮で、甘さ控えめな餡が
     頭の先から尻尾の先までたっぷり入っていて、普通のたいやきとは
     次元の異なる美味しさで、いろいろなこだわりにも頷けるねぇ。
    今度は「天然鯛焼き 鳴門金時いも」も食べてみたい』(85点)
 『天然鯛焼き・北海道十勝産あずきは、一丁焼きと原材料にこだわったたいやきで
     皮がバリバリで薄いのが特徴で、甘さがくどくなくて美味しいわね。
     パッケージのデザインもかわいく、お土産にも喜ばれそう』(85点)



トラックバック

トラックバックURL:
http://www.ex-info.net/mt/mt-tb.cgi/929

コメントをどうぞ!




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)