三田製麺所 阿倍野店

三田製麺所 阿倍野店

三田製麺所 阿倍野店関連写真にカーソル移動でメニュー名などを表示

三田製麺所 阿倍野店 店舗 三田製麺所 阿倍野店 つけ麺(大)
三田製麺所 阿倍野店 つけ麺(大) 三田製麺所 阿倍野店 つけ麺(大)
三田製麺所 阿倍野店 つけ麺(大) 三田製麺所 阿倍野店 つけ麺(大)
【三田製麺所 阿倍野店】
ジャンル
つけ麺、ラーメン
住所
大阪府 大阪市 阿倍野区 阿倍野筋1-3-20 木村ビルB1F   マップ
アクセス
JR・地下鉄御堂筋線 天王寺駅から南西へ徒歩約3分
近鉄 大阪 大阪阿部野橋駅から南西へ徒歩約1分
 あべの筋東側沿い、近鉄南交差点から南にすく
電話
06-4399-3838
営業時間
11:00~26:00
定休日
年中無休
目安予算
 ※ 表示価格は、税込価格 ※
【つけ麺】
つけ麺   並 200g 中300g 大400g       730円
      特大500g                     830円
辛つけ麺  並 200g 中300g 大400g      780円
      特大500g                     880円
【トッピング】
のり、ちょこっと野菜、薬味ネギ、辛味増し     各 +50円
半熟玉子                          +100円
メンマ                             +160円
三田盛り                           +300円
チャーシュー    1枚   +110円   3枚   +280円
【まぜそば】
まぜ麺 ぶっかけ明太子 期間限定 1日15食限定  930円
まぜそば 割り飯付 時間限定    並 780円 大 830円
【ご飯、サイドメニュー】
割り飯                               50円
おかか飯、ねぎ飯                    各 150円
肉ねぎ飯                            250円
唐揚げ  3個                         280円
餃子   6個                          310円
三田流餃子                           420円
【セット】
ぎょうざセット (餃子3個)                  890円
唐揚げセット  (唐揚3個)                1010円
三田盛りセット                        1030円
お勧め
つけ麺
駐車場
駐車サービスなし。周辺にコインパーキングなどあり
備考
・『三田製麺所 阿倍野店』は2013年5月23日にオープン
  ※ ちなみに「三田」は「さんだ」ではなく「みた」と読む
・『三田製麺所』は本店が東京都港区芝にあるラーメンチェーン店で、東京を中心に関西では阿倍野店のほか、梅田店(大阪市北区角田町EST内)、なんば店(大阪市中央区千日前)、北新地店(大阪市北区曽根崎新地)などあり。また台湾にもあり
公式HP
三田製麺所 阿倍野店
取り寄せ
 
クーポン
・ポイントカードあり
・ランチパスポート掲載店
メディア
 

三田製麺所 阿倍野店  感想・口コミ     15/12/06
総合評価
        90点/100点
味・値段
【つけ麺】
 ・麺は、自家製極太麺
 ・つけダレは、濃厚豚骨魚介系
 ・トッピングは、ネギ、わかめ、チャーシュー、メンマ、削り節
 ・チャーシューは、ブロック状でやわらかジューシー
 ・値段は安く、特に大盛りまで同一料金でかなり良心的
店舗
・地下に降りる店内にはテーブル席が3卓とL型のカウンター席が13席ほどあり、カウンターの中の厨房が一段高くなっている少し変わったつくり
・店内は終日禁煙

 『つけ麺の麺は、うどん級の極太さで程よいコシともっちり感のある自家製極太麺で
     つけダレは削り節も乗りかなり魚介の香り豊かな濃厚豚骨魚介スープで
      美味しいのだが、惜しむらくはヌルく、もう少し熱々だといいのに。
     トッピングのチャーシューはブロック状でやわらかジューシーで美味しく
      メンマは極太で食感がよく美味しいね。
     スープ割は出汁が効いているもののこちらもややヌルめ。
    麺400gの大も同一料金なのは嬉しく、濃厚なつけダレを食べた後、
     レモン水が爽やかに口をリセットしてくれるのもいいね』(90点)



トラックバック

トラックバックURL:
http://www.ex-info.net/mt/mt-tb.cgi/891

コメントをどうぞ!




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)