BRASSERIE L'ARDOISE (ブラッセリー・ラルドワーズ)

BRASSERIE L'ARDOISE (ブラッセリー・ラルドワーズ)

ブラッセリー・ラルドワーズ関連写真にカーソル移動するとメニュー名などを表示

BRASSERIE L'ARDOISE (ブラッセリー・ラルドワーズ) 店舗 BRASSERIE L'ARDOISE (ブラッセリー・ラルドワーズ) 店内
BRASSERIE L'ARDOISE (ブラッセリー・ラルドワーズ) 店内(黒板) BRASSERIE L'ARDOISE (ブラッセリー・ラルドワーズ) ラルドワーズ プリフィクスランチ(前菜)
BRASSERIE L'ARDOISE (ブラッセリー・ラルドワーズ) ラルドワーズ プリフィクスランチ(スープ) BRASSERIE L'ARDOISE (ブラッセリー・ラルドワーズ) ラルドワーズ プリフィクスランチ(パン)
BRASSERIE L'ARDOISE (ブラッセリー・ラルドワーズ) ラルドワーズ プリフィクスランチ(主菜:シャラン鴨の藁焼き じゃがいものコンフィ タスマニアマスタード) BRASSERIE L'ARDOISE (ブラッセリー・ラルドワーズ) ラルドワーズ プリフィクスランチ(主菜:海の幸のパイ包み焼き マデラソース)
BRASSERIE L'ARDOISE (ブラッセリー・ラルドワーズ) ラルドワーズ プリフィクスランチ(デセール:マスカルポーネのムース エスプレッソソース 薩摩芋のキャラメリゼ 柚子の香り) BRASSERIE L'ARDOISE (ブラッセリー・ラルドワーズ) ラルドワーズ プリフィクスランチ(デセール:ラベンダーの蜂蜜を使ったヌガー・グラッセ マラデボワのソース)
【BRASSERIE L'ARDOISE (ブラッセリー・ラルドワーズ)】
ジャンル
フランス料理、フレンチ、ビストロ
住所
神戸市 中央区 磯上通4-3-2 マンション磯上1F   マップ
アクセス
各線三宮駅から南東へ徒歩約10分
 磯上公園北側沿いの西行一方通行を東にすぐ
電話
078-221-1171
営業時間
ランチ  11:30~15:00(L.O.14:30)
ディナー 18:00~22:00(L.O.21:30)
定休日
月曜日
目安予算
【ランチ】
 ・ラルドワーズ プリフィクスランチ 1580円~
  前菜、自家農園の野菜をふんだんに使ったスープ、
   メイン(プリフィクス)、飲物、パン
    ※主菜によりプラス料金あり、+600円でデザート付に
 ・5000円のランチコース
  アミューズグール、前菜2、主菜、デザート、パン、飲物
【ディナー】
  本日のスペシャルコースやシェフのおすすめコースなどあり
【ケータリング】
 ウェディング(披露宴・2次会等)や各種パーティーなどに
  30名(一人5,000円)~
お勧め
ラルドワーズ プリフィクスランチ
駐車場
駐車サービスなし。周辺にコインパーキングあり
備考
・『BRASSERIE L'ARDOISE (ブラッセリー・ラルドワーズ)』は、東京「クリーンアリス」などでの修業を経た柘植淳平シェフが2006年10月にパリの下町にあるようなビストロをイメージしてオープン
・「 L'ARDOISE(ラルドワーズ)」とはフランス語で黒板という意味で、店の奥にメニューを書いた大きな黒板が置かれている
公式HP
BRASSERIE L'ARDOISE (ブラッセリー・ラルドワーズ)
取り寄せ
 
クーポン
一休のクーポンプラン
メディア
・「ミシュランガイド関西 2014(京都、大阪、神戸、奈良)」の「ビブグルマン(コストパフォーマンスの高い食事を提供する星は付かないお店の中でも特におすすめのレストラン)」として、『BRASSERIE L'ARDOISE (ブラッセリー・ラルドワーズ)』を紹介

BRASSERIE L'ARDOISE(ブラッセリー・ラルドワーズ)
             感想・口コミ
     14/01/17
総合評価
        92点/100点
味・値段
【ラルドワーズ プリフィクスランチ】
・前 菜 丹後ジャージー牧場のモッツァレラ キノコと
      パン・ド・カンパーニュのグリル
・スープ 自家菜園の薩摩芋スープ バニラオイル
・メイン(プリフィクス)  ※ aは+800円、bは+600円
 a.シャラン鴨の藁焼き じゃがいものコンフィ タスマニアマスタード
 a.仔羊と自家菜園の蕪のロティ シェリーヴィネガーソース
 b.海の幸のパイ包み焼き マデラソース
 c.牛タンとキャベツのカイエット ビーツのソース
 c.タスマニアサーモンのベニエ 菊菜と大根のソース
・パ ン バジルを練りこんだ自家製パン ※おかわり可
・飲 物 コーヒー、紅茶、エスプレッソ、ダブルエスプレッソ(+200円)
・デザート +600円
 ・ラベンダーの蜂蜜を使ったヌガーグラッセ マラデボワのソース
 ・マスカルポーネのムース エスプレッソソース 薩摩芋のキャラメリゼ柚子の香り
 ・ゴルゴンゾーラと栗のタルト 黒胡椒とタイムの香り EXヴァージンオイルで
 ・ブルターニュ地方の伝統菓子 林檎のクイニーアマン
   ブルターニュ産ゲランドの塩とオリーブオイル羊乳ソルベ添え
 ・柿のコンポジション ヴェルヴェンヌのジュレ キクラゲ クコの実 モヒートの泡

【5000円のシェフのおすすめランチ】
 ・アミューズグール オリーブのエスフェリフィカシオンを添えたマティーニ
 ・前菜2皿
  アワビとトリュフのクロケット 肝のフランのキャラメリゼ アルマニャックの香り
  寒ブリの藁焼き 金柑のグレック カラスミ 姫人参のエスプーマ
        すだちキャビア
 ・メイン 仔牛のブレゼ 椎茸と蓮根 自家菜園のドライサラダ
        モンドールのソース
 ・デセール
  ヨーグルトニョッキとパウダーアイス 加西の土 トリュフと
   ヴェルヴェンヌの香 羊乳ソルト クエッチのコンフィ
 ・自家製パン、飲み物

●自家農園の有機野菜、明石の鮮魚、モンサンミッシェルのムール貝など食材にこだわり、フランスの地方郷土料理などが味わえる
●プリフィクスランチは選ぶメインで値段が変わるが、食べれば納得のコスパ
店舗
・パリの下町をイメージしたお店だそうで、堅苦しさはないが大人の落ち着いた雰囲気
・30席ほどのテーブル席があるが、個室はない
・支払は席で行い、クレジットカードの使用も可

 『前菜はお好みでニンニクやハーブ、唐辛子入りのオリーブオイルを掛けて食べられ、
     モッツアレラチーズにカラスミのコクとキノコの食感が加わり美味しい。
    選んだメインのシャラン鴨の藁焼きはミディアムレアに近い焼き加減で
     肉のうまみが引き出された絶妙な焼き加減で、タスマニアマスタードの
     きいたソースが味を引き締め、今までで一番の鴨料理で、大満足!
    パンもクラムがふわふわで美味しく、デセールのマスカルポーネのムースも
     幸せな一皿で、1580+1400円の価値十分ありの満足ランチ』(95点)
 『前菜は田舎パンが少し焼き過ぎな感もあるが、マッシュルームやキノコなどの素材の
     味が出ていて美味しいわね。
    メインの海の幸のパイ包み焼きは魚介の味わいが豊かでとっても食べやすくて
     美味しいし、パンもやわらかくて好みの食感で美味しいわ。
    デザートのマラデボワ(苺)のソース掛けヌガーグラッセ(ナッツ系冷菓)は
     マラデボワやドライフルーツの酸味と甘み、ナッツの味がいいバランスで
     渾然一体となっていて、初めて食べるデセールだけど美味しいね』(90点)




トラックバック

トラックバックURL:
http://www.ex-info.net/mt/mt-tb.cgi/765

コメントをどうぞ!




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)