神戸ポートタワーホテル 神戸ポートキッチン

神戸ポートタワーホテル 神戸ポートキッチン

神戸ポートタワーホテル・神戸ポートキッチン関連写真にカーソル移動するとメニュー名などを表示

神戸ポートタワーホテル 神戸ポートキッチン 店舗 神戸ポートタワーホテル 神戸ポートキッチン ビュッフェコーナー
神戸ポートタワーホテル 神戸ポートキッチン 座席コーナー 神戸ポートタワーホテル 神戸ポートキッチン サラダコーナー
神戸ポートタワーホテル 神戸ポートキッチン 蒸し野菜 神戸ポートタワーホテル 神戸ポートキッチン ステーキ
神戸ポートタワーホテル 神戸ポートキッチン 握り寿司 神戸ポートタワーホテル 神戸ポートキッチン ピザ&パン
神戸ポートタワーホテル 神戸ポートキッチン 洋食コーナー 神戸ポートタワーホテル 神戸ポートキッチン 和食コーナー
神戸ポートタワーホテル 神戸ポートキッチン チョコレートファウンテン 神戸ポートタワーホテル 神戸ポートキッチン ミニケーキ
【神戸ポートタワーホテル 神戸ポートキッチン】
ジャンル
ホテルバイキング、バイキング
住所
神戸市 中央区 波止場町6-1
 神戸ポートタワーホテル 2F  マップ
アクセス
JR・阪神元町駅から南西へ徒歩約10分
阪急花隈駅から南東へ徒歩約8分
神戸市営地下鉄海岸線・みなと元町駅から南東へ徒歩約4分
 ※神戸ポートタワーホテルはポートタワーと一体となっておらず
   神戸ポートタワーが浜手バイパス越しに見える位置に建つ
 ※ホテル1Fからはエレベータ使えず、階段にて神戸ポートキッチンに
電話
078-371-3773
営業時間
【ランチバイキング】
11:30~15:00(L.O. 14:30)
定休日
無休
目安予算
【ランチバイキング】 90分制
平 日 大人1800円、小学生1500円、幼児3歳以上1000円
土日祝 大人2000円、小学生1700円、幼児3歳以上1200円

⇒新春バラエティ・バイキングフェア開催中 クーポン料金で
平 日 大人1300円、小学生1000円、幼児3歳以上500円
土日祝 大人1500円、小学生1200円、幼児3歳以上700円
 ※3歳未満は無料
 ※いずれのプランもフリーソフトドリンク付
お勧め
ステーキ
駐車場
神戸ポートタワーホテル南側に専用駐車場あり
備考
・『神戸ポートタワーホテル』は元町、ハーバーランドに近いシティーホテルで、二股炭酸カルシウム温泉がある。
  楽天トラベルのホテル予約 神戸ポートタワーホテル
公式HP
神戸ポートタワーホテル
クーポン
公式HPならびに無料情報誌などにクーポンを掲載することあり
メディア
 

神戸ポートタワーホテル 神戸ポートキッチン 感想・レポート     10/01/09
総合評価
         90点/100点
味・値段
【新春バラエティ バイキングフェア】
・凝った料理はなく、家庭料理が中心で、味はそこそこ
 ステーキ(バイキングでなく、1皿のみのサービス)
 サラダ、蒸し野菜(アスパラ、カリフラワー)、コーンスープ、豚汁
 唐揚げ、カキフライ、ミートボール、コロッケ、グリルチキン、ピザ
 握り寿司(3貫一皿)、天ぷら、そばめし、蓮根煮、田作り、卯の花
 切干大根、豆の五目煮、ほうれん草のおひたし、餃子、シリアル
 ドリア、カレー、パン(バターロール、ミニクロワッサン)、ご飯
 チョコレートフォンデュ、ミニケーキ、フルーツ
・リーズナブルなホテルバイキング
店舗
・カジュアルなホテルバイキング。 低料金のためスタッフも少なく、料理の補充や皿の片付けなど行き届かないところもあるが、やむを得ないところか。
・南側の窓からは浜手バイパス越しに、神戸ポートタワーやハーバーランドが見える。

 『子供が好きな料理が多く、リーズナブルな料金で子供連れの人にはおすすめだねぇ。
    ハーバーランドや元町、南京町に近い穴場的スポット』(85点)
 『全体的に種類は少なめだけど料理の味は良く、店内がゆったりしていて落ち着いて
     食べられるのが、いいわねぇ』(90点)
 『種類は少し少なめだけど全体的に美味しく、特にステーキや蒸し野菜が良かったわ』(95点)
 『ステーキは美味しかったが、ポテトフライがなくデザートが微妙だったのは残念』(90点)
 『ステーキは肉が柔らかくて美味しいねぇ。 他にもコロッケも美味しかったなぁ。
    カレーは少し辛くて子供向けでなく、チョコレートファウンテンがあったのは
     嬉しかったけど、ホットケーキは固めだったのは残念だね』



トラックバック

トラックバックURL:
http://www.ex-info.net/mt/mt-tb.cgi/577

コメントをどうぞ!




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)