オルフェ


移転に伴い、店名も「スポンテニアス」に

オルフェ


オルフェ関連写真にカーソル移動するとメニュー名などを表示します。


オルフェ 45thビル1Fオルフェ 入口
オルフェ 店内オルフェ アンチョビとチーズのチップス
オルフェ 人参のムースとコンソメジュレオルフェ 瞬間スモークしたマグロと寒ヒラメのタルタル仕立て 冬大根のソルベとボッタルガパウダーとともに
オルフェ ファオグラのフランとホタテ貝のソテー ルビーポルトと蜜柑のエッセンスオルフェ 本日の鮮魚の料理(マナガツオのソテー 魚介類を煮込んだスープで)
オルフェ 岩手花巻産白金豚ロースのじっくりロースト ケッパーの酸味をきかせたソースオルフェ 小菓子
オルフェ 紅玉林檎のミルフィーユ仕立て キャラメル・サレのアイスオルフェ ムース・オ・ショコラと紫芋のアイスクリーム アングレーズソースで

【オルフェ】
ジャンル
フランス料理
住所
神戸市 中央区 播磨町 45番地 The45th 10F
 ⇒ ⇒ 移転 ⇒ ⇒
神戸市 中央区 中山手通1-22ー26 2F  マップ
アクセス
 ※移転先※
JR・阪急・阪神各線三宮駅から北へ徒歩約8分
 1F扉から入り、階段を上がった2Fに入口
電話
078-200-6318 ※移転先※
 ※ 予約受付時間 11:00~16:30
営業時間
 ※移転先※
17:30~21:00(L.O.)
定休日
不定休 ※移転先※
目安予算
 ※※ 旧店舗情報 ※※
【ランチ】 サービス料 5%
・Clytie(クリュティエ) 2800円
 月替りメニューで、前菜・メイン・デザートはお好みをチョイス
・Orfeu(オルフェ) 4500円
 前菜2品はおまかせ、メイン、デザートはお好みをチョイス
・Muses(ミューズ) 7000円
 おまかせで、前菜3品・メイン・デザート

【ディナー】 サービス料 10%
・Clio(クリオ) 8500円
・Caliope(カリオペ) 12000円

 ※※ 新店舗情報 ※※
おまかせコース   13000円(税・サ別)
お勧め
【ランチ】Orfeu(オルフェ) ※旧店舗情報※
駐車場
駐車サービスなし。周辺にコインパーキングあり ※移転先※
備考
・『オルフェ』は2014年8月31日に一旦閉店し、店名も『spontaneous(スポンテニアス)』と変え、2015年1月10日に移転オープン
・新店名の『spontaneous』は「spon・ta・ne・ous(形)」 にちなみ、「自然に出てくる、のびのびとした、おおらかな、天然の」などの意
・『オルフェ』は、「TOOTHTOOTH」を手がける株式会社ポトマックにより2001年オープン
公式HP
spontaneous(スポンテニアス)
クーポン
 
メディア
・「ミシュランガイド 京都・大阪・神戸 2011年版」にて、『オルフェ』は味では一ツ星(そのカテゴリーで特に美味しい料理)、快適度では非常に快適と評価される。

オルフェ 感想・口コミ     10/12/03
総合評価
         100点/100点
味・値段
【ランチ】Orfeu(オルフェ)コース ※旧店舗
・アミューズ 人参のムースとコンソメジュレ
・前菜2種
 瞬間スモークしたマグロと寒ヒラメのタルタル仕立て
   冬大根のソルベとボッタルガパウダーとともに
 ファオグラのフランとホタテ貝のソテー ルビーポルトと蜜柑のエッセンス
・メイン(以下からお好みをチョイス)
 岩手花巻産白金豚ロースのじっくりロースト
   ケッパーの酸味をきかせたソース
 鮮魚の料理(マナガツオのソテー 魚介類を煮込んだスープで)
 フランス・ラカン村産仔鳩のロースト アバのペーストと一緒に
 仔羊背肉のじっくり炭火焼 タイム風味のジュで
 特選神戸但馬牛ロースのステーキ
   脂でコクをだしたジュのソース(+1500円)
・デザート(以下からお好みをチョイス)
 ムース・オ・ショコラと紫芋のアイスクリーム アングレーズソースで
 紅玉林檎のミルフィーユ仕立て キャラメル・サレのアイス
・パン なくなるとすぐにサーブされる
・小菓子 食前にアンチョビとチーズのチップス、食後にフィナンシェ
・飲物  コーヒーor紅茶
・料理の味、サービスの質、ロケーションなどを考えると、十分納得できる価格設定で満足できる
店舗
【移転前の旧店舗】
・旧居留地のルミナリエ通りに面したビルの最上階にあり、エレベーターを降りるとすぐ店舗の入口となっている。
・広いフロアはゆったりとしており、テーブル間隔も広く、70席ほどあるほか、8~10人ほどが利用できる個室もある。
・車椅子での利用も可能。 店内は分煙で、「ミシュランガイド 京都・大阪・神戸 2011年版」には興味深いワインリストがあるとの評価も。
・会計は席にて、カード利用も可。
・予約して行かれることをおすすめします。
【新店舗】
・旧店舗のグランメゾンではなく、隠れ家的なレストランに
・カウンター席17席のみ

 『ミシュランで一ツ星のフランス料理店ということで電話予約をして、いざお店に。
     評判の高さと予約時の電話応対のよさにかなりの期待感で、エレベーターを
     降りるとすぐ店の入口で、ゆったりとしたウェイティングスペースが広がる。

    笑顔と丁寧な言葉遣いで出迎えてくれるスタッフに、コートを預け店内に。
     窓側は高い天井までガラス面になっており、見晴らしもよく、丁度眼下に
     ルミナリエの通りが一望でき、また逆の壁側には鏡がはめ込まれており、
     さらに広さが感じられる。

    豪華なシャンデリアや調度品などのある格式高い雰囲気ではなく、洗練された
     エレガントな雰囲気で、天空のオアシスというだけあり快適で居心地いい。

    オーダーしたの「ランチのOrfeu(オルフェ)コース」

    さりげなくテーブルに置かれたアンチョビとチーズのチップスを頂いていると
     さっそく、アミューズの「人参のムースとコンソメジュレ」が。
     人参のムースはなめらかな食感で、人参のおくゆかしい、あっさりとした
     味付けで、これからの料理への期待が高まる。

    前菜の「瞬間スモークしたマグロと寒ヒラメのタルタル仕立て 冬大根のソルベ
     とボッタルガパウダーとともに」は、トロに近いマグロとヒラメが細かく
     サイコロ状に切られ、シャンパンゼリーなどと混ぜられ、その上に
     大根のソルベがのっているなど、はじめて食べる調理法で一見、技巧に
     走りすぎているかに思えたが素材の美味しさが引き出されていて美味しい。

    「ファオグラのフランとホタテ貝のソテー ルビーポルトと蜜柑のエッセンス」は
     ファオグラのフランが最高に美味しい! 一匙すくうごとに顔中の筋肉が
     とろけそうで、凝った技巧のオレンジの泡仕立てがのる炭焼きにした
     肉厚のホタテ貝はオレンジのかすかな風味がいい感じで、濃厚なフランと
     ちょうどいい相性に。

    メインの「岩手花巻産白金豚ロースのじっくりロースト ケッパーの酸味を
     きかせたソース」は、食感がいいマダガスカル産の粒マスタードが添えられ
     厚切りの白金豚は肉もさることながら、脂身がジューシーで旨みたっぷりで
     脂身にありがちな変なやわらかさがなく、程よい噛みごたえで美味しい。

    「ムース・オ・ショコラと紫芋のアイスクリーム アングレーズソースで」は
     ナッツをつかった手の込んだお菓子も添えられ、最後まで楽しませてくれる。

    料理のすばらしさに加え、出迎えから見送りまで徹底したサービスの質の高さで
     幸せな満足感に浸れるすばらしいフランス料理店でした』(100点)

 『「瞬間スモークしたマグロと寒ヒラメのタルタル仕立て 冬大根のソルベとボッタルガ
     パウダーとともに」は、普段大根が苦手な私だけど、大根臭さがなく、
     大根のソルベがマグロや他の食材とからみ具合がよく、とても美味しい。

    ファオグラのフランは、ひとさじ口の中に入れると、ふぁ~っととろけていき、
     なんともいえない美味しさねぇ。

    メインの鮮魚の料理はマナガツオのソテーに魚介類を煮込んだスープがかけられ
     それにコリコリとした食感のフランスのヒラタケが添えられていましたが
     魚のうまみがぎっしりと詰まった美味しいソースは、しっかり目の味で
     口の中に余韻が残るが、くどさがなく、さっぱりとしていてすごく美味しい!

    「紅玉林檎のミルフィーユ仕立て キャラメル・サレのアイス」は
     りんごの酸味がいい感じできいていて、甘くなりすぎず美味しいわねぇ。
    初めのフォカッチャはふわふわで、噛みしめるとほんのり甘く美味しかったが
     後に出されたフランスパンは普通でソースをつけにくいのは残念ね』(100点)



トラックバック

トラックバックURL:
http://www.ex-info.net/mt/mt-tb.cgi/561

コメントをどうぞ!




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)