神戸ちぇりー亭 三田本店


2015年7月20日で閉店となりました


神戸ちぇりー亭 三田本店

神戸ちぇりー亭三田本店関連写真にカーソル移動でラーメン名などを表示

神戸ちぇりー亭 三田本店 店舗神戸ちぇりー亭 三田本店 看板
神戸ちぇりー亭 三田本店 店内神戸ちぇりー亭 三田本店 メニュー
神戸ちぇりー亭 三田本店 ド根性の醤油(麺男盛)神戸ちぇりー亭 三田本店 ド根性の醤油(麺男盛)
【神戸ちぇりー亭 三田本店】
ジャンル
ラーメン
住所
兵庫県 三田市 南が丘2-8  マップ
アクセス
神戸電鉄横山駅から北東へ徒歩約3分
 駅から南が丘方面に出て、サントアンの右側筋を直進、せいざん向い
電話
 
営業時間
20:00~24:00
 →11:00~14:00、18:00~24:00
定休日
月・火・水・日曜日→水曜日
目安予算
ド根性の醤油(らーめん)590円
ド根性こってり牛味 640円
 麺男盛 +150円、野菜盛 +150円、野菜男盛 +300円
 肉盛 +200円、肉男盛 +300円
 全男盛(麺男盛、野菜男盛、肉男盛) 1340円
 とろ卵 100円、白飯 250円
 ※ 値段は税抜き価格、男盛は超大盛
お勧め
話題は「全男盛」
駐車場
・店舗奥にせいざんとの共同駐車場あり
・三田幹線沿いに誘導看板が立てられその後ろに第2駐車場あり。
備考
・大阪市此花区島屋の「麺屋 団長!」は、神戸ちぇりー亭 三田本店の姉妹店
・『神戸ちぇりー亭』の三田本店は設備老朽化などにより2015年7月20日に閉店するも、神戸市灘区桜口町に「六甲道店」、神戸市西区伊川谷町有瀬に「大蔵谷店」、兵庫県宝塚市小林に「宝塚店」、兵庫県明石市魚住清水に「明石魚住店」、兵庫県三田市中町に「三田176号線店」、大阪府箕面市外院に「大阪箕面店」などがある
・『神戸ちぇりー亭』は2016年7月15日に、東京1号店となる南小岩店(東京都江戸川区南小岩6丁目26-13-1F)をオープン
公式HP
神戸ちぇりー亭
取り寄せ
 
クーポン
無料月間情報誌「たうんらいふ」に「とろ卵無料サービス券」
メディア
・雑誌やテレビなどで「神戸ちぇりー亭 三田本店」の『全男盛』が紹介されている。
・テレビ『せやねん!』(08/9/13)の「ピンと来たら激写メール」コーナーで『神戸ちぇりー亭 三田本店』の「全男盛」が「具だくさんにも程がある!」と紹介される。
・テレビ『大阪ほんわかTV』(08/6)で『神戸ちぇりー亭 三田本店』の「全男盛」が紹介される。
・テレビ『おはよう朝日です』(09/3/26)で姉妹店『麺屋団長!』の「全男盛」が紹介される。

神戸ちぇりー亭 三田本店  感想・口コミ1     09/01/16
総合評価
       75点/100点
味・値段
【ド根性の醤油(らーめん)】
 ・麺はストレートの極太麺で、つるつる喉越しがよく、食感はもっちりやわらか目
 ・スープは、比内地鶏を通常の2倍使用したものに、ニンニクと背脂が入る
  ※ニンニクの量などはオーダー時に変更できる
 ・トッピングは 薄切りの茶美豚肉、キャベツ、もやし、ニラ
  ※肉も野菜もフライパンで塩コショウして炒める。
 ・有料トッピングには、とろ卵がある
 ・無料トッピングには、辛味噌がある
 ・値段はややリーズナブルな感あり
店舗
・昼間見ると少し怪しげな感じのある仮設店舗風の店構えで、店の内外には『硬派な男』を前面に押し出した雰囲気。 特に店内には学ランやベンチプレスなどが小上りに置かれていたり、カウンターには硬派漫画が並べられ、また壁はラーメンを食べる時の心構え「男訓」が大書されている。
・営業が木金土の3日×4時間のみと短いことや「全男盛」が話題になっていることもあり、行列が絶えない人気店。
・席はカウンターのみで10人程度座れる。

 『ド根性の醤油(らーめん)は、話題のメガ・ギガフードの「全男盛」は
    断念したものの、麺男盛(300g)を注文。
    麺はラーメンぽくないほどの極太麺ながら、つるつると食べやすい。
    スープは少し甘めで、くどすぎる程ではないものの、かなり濃い目。
    チャーシューのかわりに炒めた豚肉のスライスを使うなど、
    味もスタイルも個性が強烈だが、合う人にはハマル一杯かも。
    ただ話題の店として来店したものの、私好みでないので再訪はないかなぁ』(75点)


神戸ちぇりー亭 三田本店 全男盛神戸ちぇりー亭 三田本店 全男盛
神戸ちぇりー亭 三田本店 全男盛完食神戸ちぇりー亭 三田本店 全男盛完食者撮影コーナー

神戸ちぇりー亭 三田本店  感想・口コミ2     09/10/16
総合評価
        85点/100点
味・値段
全男盛(麺男盛、野菜男盛、肉男盛) 1407円(税込)
備考
・営業日や営業時間が拡大され、より利用しやすくなり、行列を並ぶことなく食べられるようになる。
・第2駐車場ができており、さらに便利になっています。

 『今回は全男盛(麺男盛、野菜男盛、肉男盛)にチャレンジ。
     実際に目の前に出されると、聞きしにまさる大迫力。

     下に受け皿がついているので多少のこぼれは気にせず、
     豚肉とキャベツ、もやし、ニラと麺とスープをバランスよく、一気に完食!
     食後はラーメンにたっぷり入っていたにんにくのせいか、お店で何倍も
      レモンの味がついた水をがぶ飲みすることに。
     最後にお店で全男盛制覇記念の学ランを着て、はいポーズ。 押忍!!』(85点)



トラックバック

トラックバックURL:
http://www.ex-info.net/mt/mt-tb.cgi/351

コメントをどうぞ!




ログイン情報を記憶しますか?

(スタイル用のHTMLタグが使えます)