「僕の彼女はサイボーグ」ロケ快調

 神戸市内で映画「僕の彼女はサイボーグ」(来夏公開予定)のロケが神戸で3月上旬まで
行われており、神戸市中央区の旧居留地で会見も開かれました。

 監督は「猟奇的な彼女」で有名なクァク・ジェヨン(韓国)で、数年前から日本での撮影地を
探していたところ、「スタッフから神戸の写真を見せられ、即決しました。 多くのスタッフや
エキストラの熱心な協力を得て、順調に進んでいます」「映画のロケ地として神戸は最高。
韓国に戻りたくないくらい」とコメントするぐらい、すっかり神戸を気に入っている様子。
これまでに撮影は神戸の新名所「ミント神戸」や旧居留地などで行われており、なんとカー
クラッシュのシーンも深夜の旧居留地で撮り終えたとか。
 
 映画「僕の彼女はサイボーグ」は、大学生ジロー(小出恵介)の前に現れたかわいい彼女
(綾瀬はるか)が、実は未来から訪れたサイボーグという設定のSFラブストーリー。

 主演の二人は神戸についてそれぞれ、
  綾瀬はるか「神戸は中学の修学旅行以来」
  小出恵介「神戸は人も多すぎず、心地いい」と語っています。


ラヴィマーナ・アネックス・パチャ クーポン