餃子、飲茶

まな家 岡本本店

まな家 岡本本店

まな家 岡本本店関連写真にカーソル移動でメニュー名などを表示

まな家 岡本本店 店舗 まな家 岡本本店 冷凍ショーケース
まな家 岡本本店 まな餃子 まな家 岡本本店 まな餃子
まな家 岡本本店 まな餃子 まな家 岡本本店 まな餃子
まな家 岡本本店 あぐー豚餃子 まな家 岡本本店 あぐー豚餃子
まな家 岡本本店 海鮮焼き焼売 まな家 岡本本店 海鮮焼き焼売
まな家 岡本本店 餃子のたれ まな家 岡本本店 味噌ダレ
【まな家 岡本本店】
ジャンル
餃子持ち帰り専門店
住所
神戸市 東灘区 田中町2-13-12 101  マップ
アクセス
JR摂津本山駅から南西へ徒歩約5分
 十二間道路の東側沿い、シンフォニーナガノの向かい側
電話
078-862-3118  ※予約可
営業時間
10:30~20:00 ※売り切れ次第終了
 ※平 日 14:00~15:30 昼休み
  土日祝 通し営業
定休日
不定休
目安予算
  ≪税込価格≫       2017.08.10
まな餃子(生)
 まな餃子14個(小箱)      480円
 まな餃子28個(大箱)      880円
 まな餃子42個(特大箱)    1300円
 まな餃子56個(大箱2個セット)  1720円
  ※大箱28個追加毎に     +850円
 まなチケット          4400円
  ※大箱5個+エビ焼売・黒豚焼売各3個セット
特選男前餃子(生)  14個    580円
 ※金土日の午後のみ販売
チェダーチーズカレー餃子(生)14個 560円

 ※期間限定かつ水曜の午後のみ販売
あぐー豚餃子(冷凍) 14個    680円
まな餃子(冷凍    21個    650円
特選男前餃子(冷凍) 21個    820円
チェダーチーズカレー餃子(冷凍)14個 550円

冷凍ジャンボ黒豚焼売  8個    890円
冷凍ぷりぷりエビ焼売  8個    890円
冷凍海鮮焼き焼売    8個    480円
           16個    890円
冷凍黒豚・エビ焼売セット 各2個  480円
             各4個  890円

味噌だれ  1個 130円  3個 300円
お勧め
まな餃子(生)
駐車場
駐車サービスなし。 周辺にコインパーキングあり
備考
・『まな家 岡本本店』は2017年7月21日にオープン
・『まな家 岡本本店』は2号店で、1号店は灘区徳井町3-1-9(国道2号線北側沿い)に「まな家 灘徳井店」あり
公式HP
まな家 灘徳井店  ※facebook
取り寄せ
 
クーポン
公式LINE「餃子のまな家」でお得情報あり
メディア
 

まな家 岡本本店  感想・口コミ     17/08/10
総合評価
       78点/100点
味・値段
・手ごね餡で、保存料無添加の「和の餃子」
・原料にこだわり、肉は三元豚など国産100%で、野菜も
  ニオイが翌朝に残らない福地ホワイト六片種にんにく、
  高知のニラなど国産100%
  醤油は龍野の老舗「末廣醤油」を使用
・餡は野菜のシャキシャキ感、皮はもっちり感あり
・焼き方、茹で方など詳しい調理方法の説明書あり
・サイズは大き目なので、比較的リーズナブル
店舗
・対面販売のお店で、入って左手に冷凍商品の入ったショーケースが置かれている
・店舗前には大々的に幟が立っている
・支払いにクレジットカードの使用可能

 『まな餃子は皮は少し厚めでもっちり食感、餡は野菜多めの軽い感じで、キャベツの
     シャキっと食感を出す為、あえて大きめのカットが混じった感じだが
     個人的にはアクセントというより、やり過ぎて食感を損ねている感も。
     にんにくもソフトな感じなので、さらっとしているが程よいコクと
     旨味のある別売りの味噌だれで食べる方がより美味しいかも』(80点)
   『あぐー豚餃子はもっと肉の旨味があるのかと期待したが、それほどでもなく、
     味が少しぼやけている感じで残念』(75点)
   『海鮮焼き焼売は、もちっとした食感で海老の練り物を食べてる感じ』(70点)
 『家でわざわざ焼くのが少し面倒だったので購入してこなかったが、家族の希望で
     初購入だったが、冷凍のままの調理方法も説明書にあり親切ね。
    まな餃子に普通のたれ、あぐー豚餃子には辛めのたれも無料サービスで
     良かったが、辛めのたれは少し辛過ぎで普通のたれで全部食べたが
     普通のまな餃子が一番良かったかな』(75点)
 『まな餃子は大きくて皮がもっちり食べ応えがあって美味しいね』(80点)





春陽軒(シュンヨウケン)

春陽軒(シュンヨウケン)

春陽軒関連写真にカーソル移動でメニュー名などを表示

春陽軒 店舗 春陽軒 豚まん
春陽軒 豚まん 春陽軒 特製味噌だれとウスターソース
春陽軒 店内 春陽軒 店内
【春陽軒】
ジャンル
豚まん、肉まん
住所
神戸市 兵庫区 新開地2-7-5  マップ
アクセス
阪神電鉄神戸高速線、神戸電鉄有馬線新開地駅から北へ徒歩約5分
神戸高速鉄道新開地駅から北へ、一つ目の信号を東行一通を東へすぐ
電話
078-575-0078
営業時間
10:30~13:30(売り切れ次第閉店)
定休日
日曜日
目安予算
  ≪税込価格≫     2017.02.04
豚まん    100円
お勧め
豚まん
駐車場
駐車サービスなし。 周辺にコインパーキングあり
備考
・『春陽軒』は1925年(大正14年)創業の老舗で、はじめは中華料理店として開業。 創始者の山本清市さんが中華料理をより日本人の味覚に合うようにと和風中華料理を研究する中で、味噌味の豚まんが誕生。 現在の店主は3代目の山本豪さん
公式HP
春陽軒
取り寄せ
・上記HPから取り寄せ可能
クーポン
50個以上の注文で阪神タイガース公式戦ペアチケットを抽選プレゼント
メディア
・kiss-FM神戸「Kiss Music Presenter」(2017.1.25)で、ターザン山下さんが「中華まんの日」のくだりの中で、『春陽軒』の「豚まん」を味噌とソースで食べる好きな豚まんと紹介
 ※1月25日は中華まんの日、11月11日は豚まんの日
・テレビ「かんさい情報ネットten.」(2016.6.8)で、『春陽軒』の「豚まん」を紹介
・テレビ「おはよう朝日です」(2015.6.22) で、『春陽軒』の「豚まん」を試食し、「肉の味がしっかりしてる」とコメント
・テレビ「キャスト」(2015.1.13) で、『春陽軒』の「豚まん」を紹介
・テレビ「水野真紀の魔法のレストラン」(2013.5.27) で、『春陽軒』の「豚まん」とその味を引き継ぐ3代目店主を紹介
・テレビ「おとな旅あるき旅 神戸・新開地?レトロ感あふれるなつかしい町」(2012.1.28) で、三田村邦彦さんらが『春陽軒』に訪れ、「豚まん」を試食

春陽軒  感想・口コミ     17/02/04
総合評価
        85点/100点
味・値段
・お手ごろ価格の豚まんは味噌味の餡が特徴
・生地は自然発酵で3日前、2日前、前日に仕込んだ3種類のものを
  練り合わせる独自製法で仕込む
・お好みで特製みそと醤油の味噌ダレやウースターソースで
店舗
・歴史感じるレトロな雰囲気の食堂で、テイクアウトできるほか、店内の短い階段を上がると、広めのホールがあり、テーブル席やカウンター席などが並んでいる
・店内にはサイン色紙が多数飾られている
・支払いにクレジットカードの利用不可

 『春陽軒の豚まんは、やや厚めの生地は普通な感じだが、中の暗褐色の色の濃い餡が
     特長的で、味噌味のしっかりとした味付けで美味しいね。
     お好みでつける特製味噌だれやウスターソースとの相性も抜群だが、
     店内では麦茶で頂けるが、この個性派はビールとの相性が良さそう。
     他にはない味の、新開地の老舗の名物を是非一度』(85点)





ギョーザ専門店イチロー 三宮店

ギョーザ専門店イチロー 三宮店

ギョーザ専門店イチロー三宮店関連写真にカーソル移動でメニュー名などを表示

ギョーザ専門店イチロー 三宮店 店舗 ギョーザ専門店イチロー 三宮店 店舗
ギョーザ専門店イチロー 三宮店 店内カウンター ギョーザ専門店イチロー 三宮店 味噌だれ
ギョーザ専門店イチロー 三宮店 焼餃子 ギョーザ専門店イチロー 三宮店 焼餃子
ギョーザ専門店イチロー 三宮店 水餃子 ギョーザ専門店イチロー 三宮店 水餃子
【ギョーザ専門店イチロー 三宮店】
ジャンル
餃子、中華
住所
神戸市 中央区 三宮町1-8-1 さんプラザ B1F  マップ
アクセス
各線三宮駅から南西へ徒歩約3分
 さんプラザの一番の北側の曲った通路の角地
電話
078-334-1660  ※予約可
営業時間
11:30~21:00
定休日
不定休
目安予算
  ≪税込価格≫       2016.09.03
【単品】
焼餃子   一人前 7個  280円 ※二人前から
水餃子   一人前10個  600円
麻婆豆腐          600円

【定食、セット】 ※ライス スープ 漬物
餃子定食  餃子 12個  600円
ビール付定食       1050円 ※餃子定食+ビール中瓶
スープ餃子定食       650円
麻婆豆腐定食        650円
焼シュウマイセット    1280円
  焼シュウマイ5個 餃子7個 ビール中びん
イチロー&大也スペシャルセット  1450円 ※限定
  ハンバーグ 餃子6個 瓶ビール
イチロー&大也定食     980円 ※限定
  ハンバーグ 餃子6個
お勧め
焼き餃子、水餃子
駐車場
駐車サービスないが、サンセンタープラザ駐車場などあり
備考
・『ギョーザ専門店イチロー 三宮店』は1996年12月2日にオープン
・『ギョーザ専門店イチロー』は三宮店のほか、「大阪 心斎橋店」(大阪市中央区心斎橋筋2丁目3-5 日宝ファインプラザ 1F)にあり
公式HP
ギョーザ専門店イチロー
取り寄せ
餃子専門店イチローから取り寄せ可能
クーポン
ギョーザ専門店イチロー 三宮店 ※予約でANAマイル
メディア
・テレビ「白熱ライブ ビビット」(2016.10.7) の「安くて激ウマ名店の餃子ベスト3」を紹介するコーナーで、第3位ホワイト餃子、第2位博多名物の炊き餃子(池田和三郎}とともに『ギョーザ専門店イチロー』の「味噌だれ餃子」を「野菜多めの餡に水餃子のもっちり感と焼き餃子のパリパリ感がある皮で味噌ダレを付けて食べる。現在お取り寄せサイトで134週連続1位の人気商品。。ニンニクは結構使っているが特殊な調理方法で臭わないようにしているという」と紹介し、試食した国分さんは「美味しくて鼻血出そう」と真矢さんは「タレが一味違う」とコメント
・テレビ「あのニュースで得する人損する人」(2015.3.5)の「家庭で試せるお取り寄せ激ウマ術」のコーナーで、『ギョーザ専門店イチロー』の「味噌だれ餃子」を「秘伝の味噌ダレを使用しており、余った味噌だれはチャーハンやスープなどにして作ると無駄なく使え、餃子以外にも余った食材で一品料理ができる」と紹介
・テレビ「あさチャン!」(2014.8.22) で、「絶対に失敗しないお取り寄せグルメ ベスト3」のコーナーで、「特選牛すじ煮込み(京都居酒屋やすだ)」「神戸ビーフコロッケ 極み(旭屋)」とともに、第1位として『ギョーザ専門店イチロー』の「神戸味噌だれ餃子」を「食感とニンニク臭さの解消、特製味噌だれが美味しさの秘密と紹介

ギョーザ専門店イチロー 三宮店  感想・口コミ     17/09/03
総合評価
        85点/100点
味・値段
【味噌ダレ餃子】
・ニンニクの匂いを消しつつ、旨みだけを生かした餡
・鰹を中心に調味料を絶妙なバランスで味噌とブレンドし
  弱火で煮込んだ味噌だれを小皿で酢と醤油で混ぜて
・リーズナブル
店舗
・真っ赤な8席ほどL型のカウンターのみのこじんまりとしたお店だが、餃子以外のメニューも豊富
・カウンターには「食べ終わったら、皿を重ねないでください」との表示あり
・店頭には「トリップアドバイザー」のシールが貼られている
・支払いにクレジットカードの使用不可
・全面喫煙可

 『土曜昼だったこともあり3組ほどの人が店外に並んでおり、20分ほど待つことに。
    焼き餃子は少し焼きが強め焼き面がカリッとしていて、卓上の味噌ダレと
     酢と醤油とラー油を店おすすめ比率で混ぜて頂くが、味噌ダレは平均的で
     餡のニンニクは無臭な分、多少パンチが少ない気もするが、卓上には
     すりニンニクもあるので、好みで追加して美味しく頂く。
    水餃子は餡をふわっと包んだ皮は薄めだが、食べろのが楽しくなるような
     つろつるもちもち感で美味しく、焼き餃子よりキャベツの食感がより
     いいアクセントになっていて、焼き餃子より好みかも』(85点)


ギョーザ専門店イチローの通販

取り寄せはこちらの画像クリック






元祖ぎょうざ苑 (ぎょうざえん)

元祖ぎょうざ苑 (ぎょうざえん)

元祖ぎょうざ苑関連写真にカーソル移動でメニュー名などを表示

元祖ぎょうざ苑 (ぎょうざえん) 店舗 元祖ぎょうざ苑 (ぎょうざえん) 店内
元祖ぎょうざ苑 (ぎょうざえん) 店内サイン 元祖ぎょうざ苑 (ぎょうざえん) 味噌だれ
元祖ぎょうざ苑 (ぎょうざえん) 焼餃子 元祖ぎょうざ苑 (ぎょうざえん) 焼餃子
元祖ぎょうざ苑 (ぎょうざえん) 水餃子 元祖ぎょうざ苑 (ぎょうざえん) 水餃子
【元祖ぎょうざ苑 (ぎょうざえん)】
ジャンル
餃子、ジャジャ麺、中華料理
住所
神戸市 中央区 栄町通2-8-11  マップ
アクセス
JR・阪神の元町駅から南へ徒歩約5分
 南京町広場から西の西安門に向うメイン通りの南側沿い
電話
078-331-4096  ※予約可
営業時間
11:45~15:00(L.O.)
17:00~20:30(L.O.) ※21:00閉店
定休日
月曜日(祝日の場合は翌平日)
目安予算
  ≪税込価格≫       2016.09.02
焼餃子  (6個)  430円
水餃子  (6個)  430円
揚げ餃子 (5個)  430円
スープ餃子(5個)  650円
ジャジャ麺      650円
ジャジャ菜      650円
ジャジャ飯      430円
ライス        210円
 ジャジャ味噌 チョイがけ +100円
特製卵スープ     260円
ご飯&スープセット  300円 ※数量限定
焼豚         300円
ジャジャ菜ミニ    300円
ザーサイ       300円
【ランチメニュー】  ※平日のみ
餃子定食       650円 餃子 8個
餃子大定食      830円 餃子12個
餃子特定食     1000円 餃子16個
【サービスメニュー】
定食とジャジャ麺  1080円
餃子とジャジャ麺   950円
お勧め
味噌だれ焼き餃子、水餃子
駐車場
駐車サービスなし。 周辺にコインパーキングあり
備考
・『元祖ぎょうざ苑 (ぎょうざえん)』は1951年創業、味噌だれ餃子発祥の老舗店。 初代の頃末芳夫さんが戦後に中国からひきあげ、現地で食べた「餃子」「ジャジャ麺」を広めるため、神戸にオープン。 餃子の皮は満州時代に日本人移住者が独自に考えた手打ちうどんの作り方を応用した独特の作り方で、また移住した日本人たちが現地の赤酢や黒酢を使わず家庭で食べていた味噌だれを再現し、現在でも創業から変わらぬ「秘伝のレシピ」と「手造りの味噌だれ」を引き継いでいるとか
公式HP
元祖ぎょうざ苑 (ぎょうざえん)
取り寄せ
上記HPから取り寄せ可能
 ※電話orファックス(078-331-4098)からも取り寄せ可能
クーポン
上記HPにクーポンあり
メディア
・テレビ「シューイチ」(2017.7.23) の「DJツアーズ」のコーナーで、神戸のおもてなしグルメとして『元祖ぎょうざ苑』の「焼餃子」を紹介し、ふかわりょうさんとDJ KOOさんとが試食
・テレビ「よ~いドン!」(2017.6.7)の「ロザンのうんちくん」のコーナーで『元祖ぎょうざ苑』を「南京町の名店のひとつで味噌だれ餃子発祥のお店。味噌だれをつけて食べるようになったのは、中国にいた日本人が日本を思い出すために味噌をつけ始めたと言われている「と紹介
・テレビ「ちゃちゃ入れマンデー」(2017.6.5)の「日冬なのにできている人だかり大調査SP」で、『元祖ぎょうざ苑』を「元祖ぎょうざ苑の「焼餃子」は、隠し味に神戸牛を使っていて、皮にもこだわりがあり、練り上げることにより伸びる。1日最高6000個を売り上げ、平日午後5時が狙い目」と紹介
・テレビ「SmaSTATION!! 」(2015.4.18) の「ウサワの「街角の絶品」待ち時間ランキング」のコーナーで第7位として、『元祖ぎょうざ苑』を「創業64年を迎える老舗餃子専門店。餃子の餡に使われている肉はA5ランクの神戸牛と岐阜県産の飛騨美濃けんとんという豚肉で、つてて食べる味噌ダレは80年以上前初代店主が満州にいたころ日本の味噌を懐かしみ、味噌ダレで餃子を食べ始めたことがきかっけ。この味噌ダレは一子相伝のレシピ。今や神戸のご当地餃子として大人気となっている」と紹介し、ゆずの2人が試食

元祖ぎょうざ苑  感想・口コミ     16/09/02
総合評価
        85点/100点
味・値段
【餃子】
・秘伝の味噌だれと手作りの皮
・餡には厳選した国産食材を使用
  豚肉はブレンド豚「飛騨美濃けんとん」
  隠し味に神戸牛(A5ランク最高級神戸ビーフ)
   本日使用の神戸牛産地証明書 店内掲示
   2014年秋ごろより神戸ビーフを使用始める
・塩は赤穂の天日塩、揚げ餃子の振り塩には岩塩
・餡にはニンニク不使用だが、タレに入れることは可能で
   希望すれば黒酢でも食べられる
・化学調味量無添加で、ピーナッツ油100%のみで焼きあげる
・中国、香港、台湾では本来餃子に使用しない為、ラー油なし
・他の味噌だれ餃子専門店に比べるとやや値段は高い感も
店舗
・壁には一面サインが飾られた広いホールには、4人掛けテーブル3卓、5人掛けテーブル3卓、6人掛けテーブル1卓のほか、カウンター席もあり
・餃子以外のメニューも豊富
・支払いにクレジットカードの使用可能
・カウンター席は禁煙、テーブル席は喫煙可
・テイクアウト可能

 『焼き餃子は、厚めでもっちもちした生地で、焼き面が少しさっくりとしていて
     餡はキャベツのシャキシャキ感と神戸牛の旨みが感じられて美味しい。
     味噌だれはそのままでもいいが、味噌だれに酢と醤油とすにニンニクを
     入れて好みにカスタマイズすれば一層美味しさアップ。
     餡も大き目で濃いめの味で味わい深く、値段が高い分ボリュームもあり
     食べ応えがあって、焼き餃子だけでなく水餃子も美味しい。
    元町界隈の神戸餃子専門店の人気店「赤萬」「ひょうたん」などと
     三者三様だが、味噌だれ発祥の店として一度は食べてみたい』(85点)





瓢たん 元町本店 (ひょうたん)

瓢たん 元町本店 (ひょうたん)

瓢たん 元町本店 関連写真にカーソル移動でメニュー名などを表示

瓢たん 元町本店 (ひょうたん) 店舗 瓢たん 元町本店 (ひょうたん) 店内
瓢たん 元町本店 (ひょうたん) 特製赤味噌だれ 瓢たん 元町本店 (ひょうたん) にんにく醤油
瓢たん 元町本店 (ひょうたん) 焼き餃子 瓢たん 元町本店 (ひょうたん) 焼き餃子
【瓢たん 元町本店 (ひょうたん)】
ジャンル
餃子専門店
住所
神戸市 中央区 元町通1-11-15  マップ
アクセス
JR・阪神 元町駅から南東へ徒歩約2分
 大丸神戸店へ向かう鯉川筋の西側沿いで、赤萬の裏側
電話
078-391-0364  ※席の予約は不可
営業時間
11:30~23:00(L.O.22:30)
定休日
不定休
目安予算
  ≪税込価格≫       2016.09.02
餃子 7個   370円
ビール   中 500円  小 350円
紹興酒     250円
泡盛      250円
お勧め
餃子
駐車場
駐車サービスなし。 周辺にコインパーキングあり
備考
・『瓢たん 元町本店 (ひょうたん)』は1957年創業の老舗餃子専門店
・『瓢たん(ひょうたん)』は元町本店のほか、阪急神戸三宮駅の高架下(北長狭通1-31-37)に三宮店あり
公式HP
 
取り寄せ
クール宅急便にて、全国発送可能
クーポン
 
メディア
・テレビ「ウチのガヤがすみません」(2017.6.6)の「芸人109人が特技で新井浩文 川栄李奈をおもてなし」コーナーで、尼神インターが『ひょうたん』を「メニューは餃子のみで、赤味噌をベースにした肉味噌のつけダレが特徴」と紹介
・テレビ「水野真紀の魔法のレストランR」(2015.6.22) の「人情濃い街 味な街 新世界VS三宮VSミナミ」のコーナーで、『ひょうたん 三宮店』を「餃子のタレには味噌をタップリと加えるのがオススメ」と紹介
・テレビ「モモコのOH!ソレ!み~よ!」(2013.2.9)の「兵藤ぶらり第30弾 元町&三ノ宮を食べ尽くす!」で 『ひょうたん』を「カウンター8席のお店で、昭和32年から営業」と紹介し、兵動大樹は「ぎょうざ」に秘伝のお味噌に付けて試食

瓢たん 元町本店   感想・口コミ     16/09/02
総合評価
       80点/100点
味・値段
【ぎょうざ】
・ぎょうざの餡はキャベツ多めで軽め、皮は少し厚めのもっちり系
・味噌だれは赤味噌ベースのタレに醤油、ラー油、酢を好みでブレンド
・7個 370円
店舗
・年季の入った、カウンター8席のみのこじんまりとした餃子専門店で、飲み物を除きメニューは餃子のみ
・餃子の持ち帰りは、にんにくの有無、生or焼が選べ、店頭には持ち帰り用の窓口あり
・餃子はにんにく無しも選べ、にんにく醤油のほか、にんにくなしの普通の醤油も置かれている
・支払いにクレジットカードの使用不可
・店内喫煙可

 『餃子は赤萬に比べ餡の量は同じぐらいだが大きめな感じで、香ばしい焼き目の皮は
     やや厚くもちもちの食感! 餡もキャベツであっさりとした感じで
     やや酸味も感じられる赤味噌だれに好みでにんにくがたっぷり浮かんだ
     にんにく醤油や酢とラー油を入れて食べれば幸せ一杯。
     場所も近いので赤萬と味噌だれで餃子の食べ比べもおすすめ』(80点)





ぎょうざ専門店 赤萬 元町店

ぎょうざ専門店 赤萬 元町店

ぎょうざ専門店 赤萬 元町店関連写真にカーソル移動でメニュー名などを表示

ぎょうざ専門店 赤萬 元町店 店舗 ぎょうざ専門店 赤萬 元町店 店内
ぎょうざ専門店 赤萬 元町店 ぎょうざのたれ調味料 ぎょうざ専門店 赤萬 元町店 ぎょうざ(二人前)
ぎょうざ専門店 赤萬 元町店 ぎょうざ ぎょうざ専門店 赤萬 元町店 味噌だれ
【ぎょうざ専門店 赤萬 元町店】
ジャンル
餃子専門店、ご当地グルメ、B級グルメ
住所
神戸市 中央区 元町通1-11-10  マップ
アクセス
JR・阪神の各線元町駅から南東へ徒歩約1分
 駅を出て東に、北行一通の鯉川筋を南に交差点を渡り、
  鯉川筋の一本西の元町穴門商店街を南に下り東側すぐ
電話
078-331-8756  ※予約不可
営業時間
月~金 14:00~20:00
土・日 13:00~20:00
定休日
水曜日
目安予算
  ≪税込価格≫   2016.08.27
餃子    290円  1人前7個
  ※土日祝は一人2人前以上で、追加注文不可
お土産用箱  30円
ビール 大 500円
    小 350円
お勧め
餃子
駐車場
駐車サービスなし。 周辺にコインパーキングあり
備考
・『ぎょうざ専門店 赤萬』は1964年創業の神戸の味噌だれ餃子の伝統を守り続ける老舗代表店のひとつ
・『ぎょうざ専門店 赤萬』は元町店のほか、神戸市中央区北長狭通2-2-1に「赤萬 三宮店」あり
公式HP
 
取り寄せ
 
クーポン
 
メディア
・テレビ「ちゃちゃ入れマンデー」(2016.8.23) で、神戸の三宮駅周辺は50店舗の餃子店がひしめく激戦区で、その中で代表する4店を下記紹介。
 『赤萬』神戸餃子界の老舗でメニューは餃子のみ。鉄板3分の1を水で
      浸し蒸し焼き状態に。 味噌ダレは赤萬が発祥とされる
      ※味噌ダレ発祥は「元祖ぎょうざ苑」とも言われている
 「上海料理 天竺園」 有名人の色紙多数。名物の水餃子は豚ミンチ
      ニラ、豆腐のあんで、にんにく使用せず女性からも人気
 「祥雲」人気のキャベツ餃子は特注の薄皮に厳選のキャベツ、豚ミン
      チを包み、小麦粉溶いた水で蒸し焼きにした羽根つき餃子
       そのまま食べるのがおすすめ
 「神戸餃子処 俺の餃子」 バルのような雰囲気で大半が女性客。1番
      人気のしそ餃子はレモン汁、味噌だれをつけレタスを巻く
・雑誌「るるぶ神戸2016」で、『ぎょうざ専門店 赤萬 元町店』を「皮と餡のバランスが絶妙ま元町駅前のロングセラー」と紹介
・テレビ「おとな旅あるき旅」(2015.10.31)で、『ぎょうざ専門店 赤萬 元町店』に、三田村邦彦さんが訪れる

ぎょうざ専門店 赤萬 元町店  感想・口コミ     16/08/27
総合評価
        85点/100点
味・値段
【ぎょうざ】
・ぎょうざの餡はキャベツ多めで軽く、にんにくも控えめ
・旨味を引き出す為、多めの水で12分ほど蒸し焼きに
・味噌だれは白味噌ベースのタレに醤油、ラー油、酢を好みでブレンド
・こぶりなので1個当りは安いが量を勘案するとコスパは平均的
店舗
・狭く古びた、ザ餃子屋的な雰囲気の店内には7席ほどのカウンター席と4人掛けテーブル席が3卓あり。 テーブル席は混雑時は相席となる
・店頭でテイクアウト用が買えるように窓口あり
・テイクアウト、店内飲食ともに並ぶことも珍しくない人気店
・ビールありきの店だが、全面禁煙なのでご注意を
・一人二人前以上で追加注文なしなど、ホスピタリティとは無縁の感あり
・支払いにクレジットカードの使用不可

 『昔から食べていたが「神戸餃子対決」のテレビを見て、無性に食べたくなりお店に。
     土曜4時ごろと空いてそうな時間を狙うもやはり満員、恐るべき人気店。
    注文時にはシンプルメニュー故、餃子何人前かとビールか水かを聞かれる。
     カウンターからは4面フル回転で焼かれる餃子が良く見える。
    餃子は小ぶりで餡はキャベツ多目で軽く、皮は程よい厚みで、焼き目が
     さくっとしていて焼きあがりも軽く美味しく、ニンニクは控えめな感じ。
    名物の味噌ダレは甘辛い白味噌ベースで一人一皿のタレ皿で自分で醤油や
     ラー油や酢で好みの味にブレンドして食べればいくつでも食べられそう。
    一般男性なら三人前は食べないと満たされない感もあるが、二人前にして
     近くの餃子店「瓢たん」「ぎょうざ大学」と食べ比べするのもいいかも。
    神戸の庶民の味、味噌ダレ餃子の代表店、これからも守って欲しい味』(85点)





俺の餃子(新在家店)

俺の餃子(新在家店)

俺の餃子(新在家店)関連写真にカーソル移動でメニュー名などを表示

俺の餃子 新在家店 店舗 俺の餃子 新在家店 店内
俺の餃子 新在家店 各種餃子 俺の餃子 新在家店 餃子の味噌ダレほか
俺の餃子 新在家店 焼餃子 俺の餃子 新在家店 しそ餃子
【俺の餃子(新在家店)】
ジャンル
餃子専門店
住所
神戸市 灘区 新在家北町1-2-17  マップ
 ※ 神戸市灘区新在家北町1-3-6から移転
アクセス
阪神 新在家駅から北西へ徒歩すぐ
 阪神の高架下の北側で、「カリーポロヴィッツ」の向かい
電話
078-821-7008
営業時間
17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日
無休
目安予算
  ≪税別価格≫       2016.3.21
焼餃子 (一人前 8個)        290円
にんにくダブル(一人前 8個)    320円
しそ餃子(一人前 8個)        350円
水餃子 (一人前 6個)        600円
きゅうり漬け               250円
蒸し鶏                   500円
神戸牛の炙り              900円
ゆで豚ポン酢              500円
けっこうピリ辛ウインナー       280円

生ビール   中  450円   小  350円
瓶ビール                 500円
ノンアルコールビール         500円
角ソーダ                 400円
酎ハイ(レモン,グレープフルーツ,ウメ,ライム) 400円
果実酒酎ハイ(杏露酒,サンザシ,ランメイ) 500円
シークワサー酎ハイ           450円
紹興酒 三年               600円
老酒、焼酎(麦、芋)           500円
日本酒(熱燗、冷酒)      500~800円
果実酒ソーダ割り        各種 500円
果実酒ロック           各種 400円
グラスワイン(赤、白)          300円
ボトルワイン(赤、白)         2800円~
ソフトドリンク                200円
お勧め
焼餃子、しそ餃子
駐車場
駐車サービスなし。 周辺にコインパーキングあり
備考
・店名表記は『俺の餃子』で「新在家店」とはありませんが、神戸市中央区北長狭通の「俺の餃子 トアウエスト店 」、神戸市中央区琴ノ緒町の「俺の餃子 三宮店」、大阪市福島区の「俺の餃子 福島店」などとの紛れがないように便宜的に「新在家店」としています。 なお他の「俺の餃子」の店とはオーナーが違うようです
・『俺の餃子(新在家店)』の平井オーナーは「餃子専門店 古屋」(神戸市中央区中山手通)で修行されていたとか
公式HP
 
取り寄せ
テイクアウト可能だが、取り寄せは不可
クーポン
 
メディア
 

俺の餃子(新在家店)  感想・口コミ     16/03/21
総合評価
        85点/100点
味・値段
一口サイズの餃子お手頃価格で美味しい
 餡には神戸牛の牛脂が使用されているとか
店舗
・真っ赤な店構えが目立つ店舗で、手動のスライドドアを開けて入ると、赤と白を基調とした少し洒落た感じの店内に10席ほどのL型カウンター席と4人掛けテーブル席が2卓ある
・テイクアウトは店に入らず外からでも注文可能で、焼かないでの持ち帰りも可能
・店内喫煙可能

 『焼き上るのに少し時間がかかって出された餃子はいい焼き色だが小ぶりでびっくり。
     真っ赤な店構えと店の名前から、ワイルド系と勝手に想像していたので。
    焼餃子は焼き面はパリッと、皮はもちっと、中はジューシーで美味しいね。
     醤油と酢とラー油でもいいし、あっさりな味噌ダレもなかなかいいね。
    にんにくダブル餃子は、餡に摩り下ろしニンニクが一粒をプラスされていて
     サイズは焼餃子と同じだが、ニンニクのパンチが強烈にきいていて、
     ニンニク好きには堪らないね』(85点)
 『餃子は一口サイズで餡は野菜多めで食べやすく美味しいわね。 レモン塩で食べる
     しそ餃子はあっさりさっぱりとしていてこちらも美味しいわ』(85点)