フュージョン(無国籍)

bb9(ベベック)

bb9(ベベック)

bb9(ベベック)関連写真にカーソル移動でメニュー名などを表示

bb9(ベベック) 店舗 bb9(ベベック) 店名表記
bb9(ベベック) 店内 bb9(ベベック) テーブル
bb9(ベベック) バゲットとトリュフ bb9(ベベック) 長崎五島列島のピンピンガイ(チャンバラガイ)
bb9(ベベック) パン bb9(ベベック) 宮城のメヒカリ
bb9(ベベック) 生うにと秋田のじゅんさい bb9(ベベック) 舞鶴のとり貝
bb9(ベベック) 富山湾のホタルイカとマメ bb9(ベベック) 水牛のモッツアレラと高知徳谷のプチトマト
bb9(ベベック) 上対馬の甘鯛ビルピルソースがけ bb9(ベベック) バスク子豚
bb9(ベベック) 熊本の赤牛と賀茂茄子 bb9(ベベック) ミントとレモンバウムのハーフティー
bb9(ベベック) 高知の小夏とフレッシュチーズのアイス bb9(ベベック) 燻臭のあるアイス
【bb9(ベベック)】
ジャンル
スペイン料理、イノベーティブ、薪料理、薪焼きレストラン
住所
神戸市 中央区 元町通3-14-5  マップ
アクセス
JR元町駅の西口から南西へ徒歩約4分
 JR元町駅の西口を出て南側の道路へ渡り、
  西側に3分くらい歩き、細い路地を南にすぐ
電話
050-3186-4889
 ※完全予約制で、予約は下記HPなどWEBからのみ
営業時間
薪の火を使った調理法の為、
 薪の熱源の準備のため、料理のスタート時間が決まっています
  ランチ  12:00
  ディナー 18:00、19:00、20:00
 ※遅れて入店の場合、予定の料理が出してもらえない場合あり
定休日
水曜日の他、不定休もあり
目安予算
税サ別 12000~16000円
  ※HPの違う欄には違う金額表示があるも予約画面は上記金額
  ※ネット予約時に15000円預け処理だが支払いは当日
  ※季節の食材入荷状況により価格変動制
  ※サービス料あり(サービス料+薪代含む)
 2017年6月利用時は税サ込で一人約18000円でした
お勧め
おまかせコースのみ
駐車場
駐車サービスなし。 周辺にコインパーキングあり
備考
・『bb9(ベベック)』は2014年2月22日に坂井剛シェフと西川 正一ソムリエによりオープン
・『bb9(ベベック)』はネットからのみの完全予約制で、予約時にアレルギーや好き嫌いな食材を回答できる
公式HP
bb9(ベベック)
取り寄せ
 
クーポン
・楽天ダイニング加盟店で、支払い時に楽天カード利用で楽天ポイントを貯めることができる
メディア
・「ミシュランガイド兵庫特別版(2016)」で『bb9(ベベック)』を「一つ星」として格付

bb9(ベベック)  感想・口コミ     17/06
総合評価
        88点/100点
味・値段
・食材の命に対する最大のリスペクトとして命を最大限生かす為
 命に火を入れる熱源として薪を用いる事にこだわる
・旬の素材にこだわり、シンプルに良さが引き出された料理が
 少量ずつ品数多く出される
店舗
・お店は南北の路地沿いにあるが、完全予約制なので、店の名前は探さないと分からないほど、ひっそりと小さくしか書かれておらず、外観は和の料亭のたたずまい
・店内はモダンでスタイリッシュな雰囲気で、片側ソファシートで二人掛けの大きめのテーブルが6卓横並びにある
・薪の匂いは特に店内にはないので薪をつかっていると言われないと分からない
・支払いに各種クレジットカードの使用可能
・店内は完全禁煙
・ソムリエがいる
・格式ばっておらず、特段のドレスコードはない

 『全般的に一見シンプルに見えるが素材の良さが引き出されているかのような料理で
     濃い味のソースで食べるのでないのでひつこくなく品数が食べられる。
    料理は、バゲットの上にイタリアの水牛のミルクで作った燻臭のバターと
     細く切ったトリュフをトッピングしたもの、噛み応えある食感と味わいが
     特長的な長崎五島列島のピンピンガイ(チャンバラガイ)のソテー。
    皮がパリッと焼かれ、脂が乗っていて身がほろほろと柔らかく美味しい
     宮城のメヒカリ、トマトの雫で爽やかな味わいでつるっととろっと
     汁物感覚でお箸で頂いた生うにと秋田のじゅんさい、格別な肝をうまく
     とりだせるようにナイフを入れる位置を教えてもらった舞鶴のとり貝。
    豆をソースがわりに食べた富山湾のホタルイカ、甘味芳醇な高知徳谷の
     プチトマトと水牛のモッツアレラは半分半分に切って一緒に食べて、
     さらに毀れたトマトのエキスはパンにつけてしっかりと頂きました。
    上対馬の甘鯛のパスクのビルピルソースかけ、一旦煮込んでから火入れ
     濃厚な旨味で柔らかく弾力ある肉質と付け合わせの野菜も美味しい
     バスクの子豚、旨みある熊本の赤牛と賀茂茄子とたっぷりハーブ。
    最後のデザート時には、ミントとレモンバウムのハーフティー、甘みと
     コクと酸味のバランスいい高知の小夏とフレッシュチーズのアイス、
     料理の〆にさっぱり感のある燻臭のあるアイス。
    スペイン料理の枠に留まらずどこか和の要素も感じられ、箸もあるので
     気軽に食べられ、ワインを個人的に飲めないのが少し残念でしたが、
     ソムリエの方が料理の説明だけでなく、食べ方や珍しい食材などは
     タブレットで説明もありプレミアムな大人時間満喫の2時間でした』(90点)
 『一般的なスペイン料理と違った、ちょっとお上品なスペイン料理。
    特に一番美味しかったのは水牛のモッツアレラと高知徳谷のプチトマトで
     トマトがとても甘くてフルーティーでチーズとよく合っていたわね。
    概ね15000円のコースで品数10品、デザート2品で、どれも素材の
     味がいきていてそれぞれ美味しかったが少し値段が高い感も・・・』(85点)





世界のごちそう パレルモ (Palermo)

世界のごちそう パレルモ (Palermo)

2016年3月21日に閉店
店名を「世界のごちそう博物館」と改名し
世界の料理のレトルトを製造し、ネットで販売

パレルモ(Palermo)関連写真にカーソル移動でメニュー名などを表示

世界のごちそう パレルモ (Palermo) 店舗 世界のごちそう パレルモ (Palermo) 店内
世界のごちそう パレルモ (Palermo) 店内に貼られた世界地図には料理を出した国にはピンが付けられている 世界のごちそう パレルモ (Palermo) インディアン・プレート
世界のごちそう パレルモ (Palermo) インディアン・プレートのナン 世界のごちそう パレルモ (Palermo) インディアン・プレートのタンドリーチキンとシシカバブ
世界のごちそう パレルモ (Palermo) 参鶏湯(サムゲタン)セット 世界のごちそう パレルモ (Palermo) ランチのデザート(マンゴープリン)
【世界のごちそう パレルモ (Palermo)】
ジャンル
洋食、多国籍料理
住所
神戸市 東灘区 本山中町3-3-21 ペガサス本山1F  マップ
アクセス
JR摂津本山駅の南口から南東へ徒歩約10分
 国道2号線・小路交差点を北へ上りすぐ左側。南西角地
電話
078-431-5021
営業時間
【ランチ】  11:30~14:30(L.O.14:00)
【ディナー】 17:30~23:00(L.O.22:00)
定休日
水曜日
目安予算
【ランチ】
 韓国料理「参鶏湯(サムゲタン)」セット 1000円
  参鶏湯(サムゲタン)、サラダ、デザート
   ※ 2012年6月8日~6月21日までの期間限定
 インディアン・プレート 1000円
  ミニカレー、ライス、タンドリーチキン、シシカバブ、ナン、
   サラダ、デザート、ドリンク

 ※※ 料理の持ち帰り、テイクアウトOK
お勧め
ランチはともにオススメ
駐車場
専用および契約駐車場なし。 周辺にコインパーキングあり
 すぐ南にダイエーがあり、1000円以上の買物で2時間駐車無料
備考
・店名の「パレルモ(Palermo)」は、地中海のおいしいごちそうが集まって来るシチリアの都市の名にちなんで名付けられ、2004年2月15日にオープン
・『パレルモ(Palermo)』の本山尚義オーナーシェフは、フランス料理7年、その他イタリア料理、地中海料理、インド料理、アジア料理の修業を世界30ヶ国(アジア、西ヨーロッパ、北アメリカ、中近東)で行い、様々な国のスパイスやハーブ料理を日本人テイストにアレンジし世界各地のお酒と共に提供してくれる
・パレルモオーナーの「世界のこどもの笑顔に囲まれて、様々な国の料理を楽しみ、世界の国や人々に思いを馳せよう」との熱い思いから、2010年4月29日から約2年間かけて全世界194カ国の料理を2週替わりで提供する「世界のごちそうアースマラソン」イベントを実施
・現在「Table For Two」TFT(TABLE FOR TWO)に取組み中で、アフリカの子供たちに給食費20円が寄付されるメニューも用意されている
公式HP
世界のごちそう パレルモ (Palermo)
取り寄せ
世界のごちそうパレルモの本山シェフが世界中で学んだ世界の料理がレトルトパックで取り寄せ可能
クーポン
 
メディア
多数のテレビや雑誌などで紹介されている多国籍料理のお店
・神戸新聞(2014.1.21) で、、『パレルモ』のレトルトパックを一食購入されるごとに難民支援協会に20円寄付されると紹介
・テレビ「よーいドン!」(2013.1.9)の「となりの人間国宝さん」のコーナーで円広志さんが『パレルモ』を紹介し、本山尚義オーナーシェフを人間国宝に認定
・テレビ「かんさい情報ネット ten!」(2012.5.15) で、『パレルモ』の「アホスープ(2人前 740円)」「モモ(6個 720円)」。「ミーゴレン(880円)」、「ターメーヤ(3個 720円)」などを紹介
・神戸新聞(2012.4.4)で、『パレルモ』の「世界のごちそうアースマラソン」を紹介
・本「美味しい店 神戸の101軒」で、『パレルモ』を「食べることの面白さを心の底から感じさせてくれる場所だ」「約30ヵ国を旅したフレンチ出身シェフが提供する様々な国の料理が誘う食の旅、きっと素晴らしい体験ができるはず」と紹介
・神戸新聞(2009)で、『パレルモ』の「アホスープ」をスペインのやさしいおじやでイチ押しと紹介

世界のごちそう パレルモ (Palermo)  感想・口コミ     12/06/09
総合評価
         92点/100点
味・値段
・お手ごろな値段で世界中の料理に出会える
・現地の味に近いものを出されているからか、メニューによっては口に合わないものもあるかも
店舗
・温かみのある雰囲気の店内には、世界の子供たちの笑顔の写真や各国の料理や言葉、紙幣などが貼られている
・店内は10席ほどのテーブル席と4席のカウンター席がある。 個室はない
・支払にクレジットカードの使用不可
・完全禁煙

 『テーブル席がいっぱいだったのでカウンター席で、期間限定の参鶏湯セットを注文。
    韓国料理の参鶏湯(サムゲタン)は、鶏肉がニンニクなどと一緒に
     柔らかく煮込まれていて、初めて食べるが美味しく、滋養満点だね。
    デザートに頼んだマンゴープリンは、とろとろかつ濃厚で美味しいね。
    カウンターは狭くて、椅子も座りにくかったが、是非また来たいお店です』(85点)
 『辛いのは苦手だけどメニューがあまりに美味しそうなので、インディアンプレートに。
    カレーはスゴク辛くなく、後から辛さがじわっと来たけど食べやすかったわ。
    タンドリーチキンは意外にあっさりだけど、とってもジューシーで、
     シシカバブもスパイスの加減が絶妙で美味しいね。
    カレーにライス、タンドリーチキン、シシカバブ、ナン、サラダ、デザート
     、ドリンクが付いて1000円はめっちゃお得よね!』(100点)

世界のごちそう パレルモ (Palermo) 店頭 プ世界のごちそう パレルモ (Palermo) マッサマンカレー
世界のごちそう パレルモ (Palermo) ランチのサラダ プ世界のごちそう パレルモ (Palermo) ランヂのドリンク
世界のごちそう パレルモ (Palermo) ポショ プ世界のごちそう パレルモ (Palermo) パンツェロット

世界のごちそう パレルモ (Palermo)  感想・口コミ2     13/12/07
総合評価
       80点/100点
値段
・マッサマンカレー(サラダ、ライス、ドリンク付) 1000円
・ポショ(サラダ、ドリンク付)          1000円
 ※ ドリンクはともに、コーヒーor紅茶orラッシー
・パンツェロット                  380円/個
備考
・「ポショ」とは『パレルモ』のHPによると、「アフリカの子供たちの給食に実際に出されているメニューで、豆とマッシュポテトの出会いが生みだすやわらかい味。 食欲の秋の小休憩に、お腹も心もふんわり満たしてくれますよ」とか

 『世界の美食ランキング1位と入口の看板に貼りだされていたマッサマンカレーを注文。
    マッサマンカレーは辛さもマイルドで上品なココナッツカレーで美味しい!
     ルーがもう少し多めにかかっていれば、もっと良かったが・・・。
    また一つ神戸にいながら、初めて食べる世界の味に、感謝感謝』(85点)
   『パンツェロットは、厚めのパン生地の中にトマトとモッツァレラチーズを入れて
     揚げたもので、ボリュームはあるが、味的には普通かな』(80点)
 『アフリカの子供たちに給食費20円が寄付されるTFTメニューの「ポショ」を注文。
    やわらかくて餅ほどの弾力のない不思議な食感のポショ(マッシュポテトと
     片栗粉で作る)の上に、豆のトマト煮がかけられているが、全体的には
     ほとんど味がなく、ただただ煮豆の味だけで正直美味しいものじゃないわ。
     もう少し甘いか、何かの味がついていれば、いいんだけど・・・。
    会計時に支払った料金から20円を手渡されて、自分で募金箱にチャリ~ン。
     ささやかですが、アフリカの子供たちのお役に立ちますように』


パレルモの通販

 取り寄せはこちらの画像クリック







カ・セント (Ca'sento)

カ・セント (Ca'sento)

カセント(Ca sento)関連写真にカーソル移動でメニュー名などを表示

カ・セント (Ca'sento) 店舗 カ・セント (Ca'sento) 店内
カ・セント (Ca'sento) コルネ仕立てのアミューズ カ・セント (Ca'sento) 牛タンを使った前菜
カ・セント (Ca'sento) 洋風茶碗蒸し カ・セント (Ca'sento) タパス各種
カ・セント (Ca'sento) 鯖のマリネ カ・セント (Ca'sento) 河内鴨のモルシージャ
カ・セント (Ca'sento) アンチョビとブリオッシュ カ・セント (Ca'sento) フォアグラのテリーヌとムカゴのチュイール
カ・セント (Ca'sento) 生アーモンドのガスパチョ カ・セント (Ca'sento) ヒラメのモホソース
カ・セント (Ca'sento) サマーシュの米粉パン カ・セント (Ca'sento) 玉ネギのグリシーニ
カ・セント (Ca'sento) 有機野菜の焦がしバターソースとエメンタールチーズのソースかけ カ・セント (Ca'sento) 有機野菜の焦がしバターソースとエメンタールチーズのソースかけ
カ・セント (Ca'sento) ヴァレンシア風おじや カ・セント (Ca'sento) ヴァレンシア風おじや
カ・セント (Ca'sento) デザート(リンゴのタルトとリンゴのアイス) カ・セント (Ca'sento) デザート(チョコや焼き菓子)
カ・セント (Ca'sento) デザート(六甲夢牧場のアイスとイチゴ) カ・セント (Ca'sento) ハーブティー
【カ・セント (Ca'sento)】
ジャンル
スペイン料理、モダン・スパニッシュ、ヌエバ・コシーナ、
 フュージョン、イノベーティブ
住所
神戸市 中央区 中山手通4-16-14  マップ
アクセス
JR・阪神の各線元町駅から北西へ徒歩約15分
 元町駅すぐ東の鯉川筋を北上、交差点・中山手4を渡って西に曲り
  一本目の南行一通の筋を北に上がり(角には「カフェM.A.」あり)
  竹中大工道具館、赤レンガのひょうご共済会館を過ぎて
  すぐの低層マンションの1Fの東奥で、西隣は「TORROAD LIVINGS」
  ※表通りから分かりづらいので要注意
電話
078-272-6882
 【予約について】
  ・毎月、初めの営業日から、翌々月の1ヶ月間の分を予約する
  ・予約受付時間は、10:00~11:30、15:30~17:30
       ランチ営業のない火・水曜日は 10:00~17:30
営業時間
ランチ  12:00~15:00(L.O.13:00)※火・水曜はディナーのみ
ディナー 18:00~23:00(L.O.20:00)
定休日
月曜日、第3火曜日
目安予算
【ランチ】
  7000円(消費税込・サービス料5%別途)
【ディナー】
 13500円(消費税込・サービス料7%別途)
 ※ 2011年8月に料金改定、ともに、おまかせコースのみ
 ※ ミネラルウォーターも有料
お勧め
ランチを頂きましたが、どの一皿も驚きと感動に満ちてました
駐車場
駐車場ならびに駐車サービスなし
備考
・『カ・セント (Ca'sento)』は、2008年12月にオープン
・カセントの福本伸也オーナーシェフは、イタリアやスペインなどで8年間修業をしており、店名は自身シェフを務めたヴァレンシアの名店「Ca’Sento」にあやかり名付ける
公式HP
カ・セント (Ca'sento)
取り寄せ
 
クーポン
 
メディア
・グルメガイド「ミシュランガイド兵庫特別版(2016)」で、最高の「三つ星」に『カ・セント (Ca'sento)』を格付けし、通算6年連続となる
 ※ 2011、2012年度はフュージョン部門
   2013年度からは新設された、イノベーティブ部門
・テレビ「至福のとき?プレミアムマルシェ」(2014.2.14) で『カ・セント (Ca'sento)』の「冬のお野菜 かぶらのお料理」を紹介

カ・セント (Ca'sento)  感想・口コミ     13/01/19
総合評価
         100点/100点
味・値段
・創造性ある美味しい料理が楽しめるモダン・スパニッシュのお店
・料金としては安くはないが、食べれば十分納得感ある価格帯

【おまかせランチ】 当日のメニュー内容
・魚のピューレのコルネ仕立てのアミューズ
・牛タンを使った前菜
・洋風茶碗蒸し
・タパス各種
 鯖のマリネ、スペイン カンタブリア産のアンチョビとブリオッシュ
 フォアグラのテリーヌとムカゴのチュイール、ヒラメのモホソース
 河内鴨のモルシージャ、生アーモンドのガスパチョ
サ・マーシュの米粉パン、玉ネギのグリシーニ
・有機野菜の焦がしバターソースとエメンタールチーズのソースかけ
・バレンシア風おじや
・デザート各種
 りんごのコンポートのタルトとりんごとハーブのアイス
 チョコと焼き菓子(酒粕チョコ、ライムのマシュマロ 洋梨ジャムのチョコ、クルミチップ)
 六甲弓削牧場のアイスとイチゴ
・食後の飲み物
店舗
・隠れ家レストラン的な場所にあり、白を基調としたシンプルかつエレガントで落ち着いた雰囲気の店内には、4人掛けテーブル席が5卓のみで、ランチで2時間余り、ディナーで3時間ほどの時間でおまかせのコース料理が楽しめるように昼夜共に1回転のみで、1日にそれぞれ5組ずつしか利用できないため、予約が難しい
・予約は絶対必須。 予約方法は「電話」欄に記載しているが、予約殺到につき極めて困難、現在はネットでのオンライン予約にも対応している
・精算は席で、支払にクレジットカードの使用はランチ時は不可、ディナー時は可能
・店内は完全禁煙

 『毎月毎月電話して、ようやく1年以上のトライで念願かなって予約でき、ランチに。
     電話予約時に、あらかじめ苦手な食材の確認があるなど丁寧な対応。
    メニューはおまかせのみだが、他テーブルを見ると苦手な食材を避ける為か
     多少内容を変えたところも見受けられました。

    アミューズは、カレー風味のそば粉に刺さって登場のコルネ仕立てで、
     中には少し温かい魚のピューレが入っていて、ふわふわ食感で、
     見た目にもつまんで食べる斬新さもいいね。コルネの屑が机に毀れるたが
     すぐにテーブルを綺麗にしてくれる行き届いたサービスも嬉しいね。
    牛タンを使った前菜にはクミンなどが使われ、少しピリ辛で、コンソメ餡の
     洋風茶碗蒸しにはいいだこや菊芋、フキノトウなど具沢山で、ゆずの香も
     いいアクセントで美味しい。
    タパス各種が一気に運ばれて来て、メインがないのに寂しさがわかない程に
     一見シンプルに見えるものまで、一皿一皿にワクワクとドキドキ感があり
     全体を通した構成の妙にすっかり感服し、カ・セントワールドに心酔。
    有機野菜の一皿は底には温かい焦がしバターソース、上からはエメンタール
     チーズのソースをかけて混ぜて頂くのだが、フレッシュなサラダの下には
     温野菜や根菜類が隠れていて、宝探し感覚にも似た楽しさと驚き、そして
     一つ一つの野菜の美味しさがそれぞれ引き出された美味しさ、最高!
    バレンシア風オジヤは海老や蟹など甲殻類の濃厚な味わいですごく美味しく
     料理の演出もよく、3杯ほどもお替りを頂きました。
    デザートも種類多く、ほんのり温かみのある表面をキャラめりーぜした
     甘いリンゴのコンポートのタルトと冷たくレモングラスなどハーブがきき
     すこし酸味のあるリンゴのアイスの組み合わせは味と温度の対比が絶妙。
    堅苦しくなく、料理の説明も明瞭で心地いい給仕で楽しめる雰囲気もよく、
     ミシュラン連続三ツ星評価に関わらず、変なおごりや敷居の高さがない。
     単に美味しいだけでなく、料理に高い創作性の中に、遊び心も感じられ
     本当に大満足なひと時でした。 最後はシェフ自らのお見送りまで頂き、
     なかなか予約がとれないレストランですが、是非是非また来たい!』(100点)
 『全般的に今まで食べたスペイン料理と全く違う感じで、料理のひとつひとつに工夫が
     とてもされていて目でも楽しむことができ、味も食べたことのないような
     ものばかりで、品数も多くてすごく満足感いっぱいね。
    有機野菜のサラダは根野菜などがたくさん入っていて、スープ仕立てで大変
     個性的で普通の単なるサラダとは全然違って満足感高い一皿ね。
    中でもバレンシア風おじやは最高に美味しいわね! 魚貝の旨みがぎっしり
     詰まっていてとても食べ応えもあるわ。
    デザートもとても種類が多く、りんごのタルトは私には少し甘みが強かいが
     アイスは濃厚かつクリーミーで美味しかったわ。
    やはりミシュランの三ツ星だけあって、最高の料理の数々ね!』(100点)


カ・セントの福本オーナーシェフ著書

取り寄せはこちらの画像クリック 







NADABAN神戸元町(ナダバン)

NADABAN神戸元町(ナダバン)

NADABAN神戸元町関連写真にカーソル移動するとメニュー名などを表示します

NADABAN神戸元町(ナダバン) ビル入口 NADABAN神戸元町(ナダバン) 入口
NADABAN神戸元町(ナダバン) 店内 NADABAN神戸元町(ナダバン) 鮮魚のサラダ仕立て トラウトロエ添え
NADABAN神戸元町(ナダバン) トマトのガスパッチョ NADABAN神戸元町(ナダバン) 特選神戸牛とスペイン産イベリコ豚の備長炭炭火焼 季節の焼野菜添え 自家製ブレッド&スパイシーブレッドソース
NADABAN神戸元町(ナダバン) 神戸牛すじ肉使用 スパイシービーフカレー NADABAN神戸元町(ナダバン) チーズケーキ
【NADABAN神戸元町(ナダバン)】
ジャンル
フュージョン(無国籍・多国籍融合)、和食料理、創作料理
住所
神戸市 中央区 北長狭通3-5-5 泰隆ビル8F  マップ
アクセス
JR元町駅 北東へ徒歩1分、阪神元町駅 北東へ徒歩1分
 鯉川筋北東角。店へのエレベータはビル南側にある狭い通路奥で分りにくい
電話
078-332-8086
営業時間
11:00~15:00
17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日
月曜日
目安予算
【ランチ】
 COURSE A   2300円、COURSE B  3000円
  前菜、スープ、パン、メイン、カレー、デザート、飲物
 COURSE C   3800円
  前菜、スープ、パン、メイン×2、カレー、デザート、飲物
 パスタコース    1400円
  前菜、スープ、パン、パスタ、飲物
 カレーコース    1300円
  サラダ、カレー、アイスクリーム、飲物
 特選神戸牛のステーキ丼        1800円
  汁物、ステーキ丼、漬物、アイスクリーム、飲物
【ディナー】
 シェフおまかせ ライトコース       2800円
  前菜、魚料理、メイン(鶏or豚)、デザート
 シェフおまかせ フルコースA       5500円
  前菜、スープ、魚料理×2、メイン、麺、ご飯、デザート、飲物
 シェフおまかせ フルコースB       7200円
  アミューズ+Aコース
 シェフおまかせ スペシャルフルコース 10000円 ※要予約
お勧め
どの料理もお勧め
駐車場
なし
備考
・東京ミッドタウンオープン時に『NADABAN神戸元町』の山下オーナーシェフのプロデュースの「HAL YAMASHITA 東京」を関西から唯一の出店で話題に。 また2012年秋に阪急梅田本店内に「HAL YAMASHITA 大阪梅田」を開店予定
・店名は利用時(2007.5.2)は『NADABAN DINING KOBE CITY』でしたが、現在(2012.10.15)は『NADABAN神戸元町』に変更されています
公式HP
NADABAN神戸元町
取り寄せ
HAL YAMASHITA 楽天通販公式ショップから取り寄せ可
クーポン
 
メディア
・多数もメディアで紹介
 ※ 来店当日もシェフが取材を受けてました
・『NADABAN神戸元町』のオーナーシェフ山下春幸氏は多数のテレビに出演
・テレビ「はなまるマーケット」(2012.8.10) の「おめざ」のコーナーで、俳優の的場浩司さんがお気に入りとして「ウォーターチョコレート三郎左衛門」を紹介

NADABAN神戸元町(ナダバン) 感想・口コミ     07/05/02
総合評価
          97点/100点
味・値段
食事はGWスペシャルランチBコースをいただきました。
 ・素材の味が損なわれず、絶妙かつ丁寧に引き出され大変おいしい
 ・少し量が少ない感もあるが、値段も特別に高くない
店内
・オシャレな雰囲気で、2~4人席が中心で、カウンターや個室もあり。
・要予約

 『どの料理も大変美味しい。コース料理に意外なカレーがまた絶品!』(95点)
 『付合せまでどれも美味しく大満足。特にガスパッチョは初体験の感動物!』(100点)


山下春幸シェフの通販

取り寄せはこちらの画像クリック