神戸市内を中心にしたお勧めグルメ情報

 神戸で生まれ育って半世紀、食品会社の官能検査を職とする辛口グルメリポーターが、

     ● 地元神戸で長く愛されている有名老舗
     ● メディアなどで取り上げられている話題の店
     ● 芸能人や有名人のおすすめの御用達の店
     ● 地元神戸で話題になっている口コミ店
     ● いつも行列のできている人気店
     ● 下町のB級グルメが楽しめる店
     ● 穴場的なお店や新規オープン店  などなどを

 家族や仲間と実際に行って、見て、食べた神戸周辺のグルメレポートをご紹介。


 現在、500件以上のお店を2500枚以上の写真で紹介中です 


インフォメーション

  1. ミシュランガイド2016 兵庫特別版
  2. 昨年までの「ミシュランガイド関西」が2016年版より「ミシュランガイド京都・大阪(2016)」と「ミシュランガイド兵庫特別版(2016)」に分かれて発行されることに。

    ミシュランガイド兵庫特別版(2016)」では兵庫県内全域を対象にまとめられており、掲載されたのは145の宿泊施設を含む全556店。三つ星には2店、二つ星には神戸6、阪神4の計10店、一つ星には神戸33、阪神18、播磨西部5、丹波4、淡路、播磨東部2、但馬1の計65店が選ばれた。 またビブグルマンには出石そばや姫路おでんのお店を含む81店、おすすめの店として鹿肉やそうめんなど地域色豊かなお店253店を紹介

    【三つ星】☆☆☆  昨年と同様

     ・カ・セント (Ca'sento)(イノベーティブ)      神戸市中央区  ※6年連続

     ・子孫《こまご》(日本料理)       西宮市     ※6年連続


    【二つ星】☆☆

     ・あめ婦(日本料理)           芦屋市

     ・麤皮《あらかわ》(ステーキハウス)   神戸市中央区

     ・植むら(日本料理)           神戸市中央区

     ・生粋《きっすい》(寿司)        神戸市東灘区

     ・玄斎(日本料理)            神戸市中央区

     ・直心《じきしん》(日本料理)      西宮市

     ・たか木(日本料理)            芦屋市

     ・はた田(日本料理)            西宮市

     ・百味処 おんじき(日本料理)     神戸市中央区

     ・やまなか(天ぷら)            神戸市中央区


    【一つ星】☆

     ・御影 ジュエンヌ(フランス料理)           神戸市東灘区

     ・bb9(ベベック)(スペイン料理)          神戸市中央区元町

     ・鶏一途(焼鳥、鶏料理)                神戸市東灘区


    【ビブグルマン】 ※コストパフォーマンスの高い食事を提供する星は付かないお店の中でも特におすすめのレストラン

     ・Haruki(お好み焼き)       西宮市(香櫨園)※初

     ・ピッツェリア アズーリ (Pizzeria Azzurri)  神戸市中央区

     ・ラーメン まぜそば 縁(えにし)  神戸市灘区

     ・菊水鮓(きくすいずし)     明石市

     ・faber(ファーベル)(イタリア料理)  神戸市東灘区

     ・老虎菜(ラオフーツァイ)(中華)  神戸市東灘区



    ミシュラン2016 兵庫特別版


     取り寄せはこちらの画像をクリック 






  3. 耳寄り情報お待ちしてます
  4. 皆さんのお勧めの神戸周辺のグルメ情報がありましたら、是非教えて下さいね。

    宛 先        神戸タウン情報 グルメT
    メールアドレス    owner@ex-info.net



新着記事

ピーナッツダイナー 神戸 (PEANUTS DINER)

ピーナッツダイナー 神戸 (PEANUTS DINER)

ピーナッツダイナー 神戸 (PEANUTS DINER)関連写真にカーソル移動でメニュー名などを表示

ピーナッツホテル(PEANUTS HOTEL) 外観 ピーナッツホテル(PEANUTS HOTEL) ホテル入口
ピーナッツホテル(PEANUTS HOTEL) ホテル入口 ピーナッツホテル(PEANUTS HOTEL) エレベーター
ピーナッツホテル(PEANUTS HOTEL) 階段の壁に書かれた4コマのコミック ピーナッツダイナー 神戸 (PEANUTS DINER) 店舗前廊下
ピーナッツダイナー 神戸 (PEANUTS DINER) 店内入口 ピーナッツダイナー 神戸 (PEANUTS DINER) 店内
ピーナッツダイナー 神戸 (PEANUTS DINER) 店内 ピーナッツダイナー 神戸 (PEANUTS DINER) 店内
ピーナッツダイナー 神戸 (PEANUTS DINER) 食器&カトラリー ピーナッツダイナー 神戸 (PEANUTS DINER) ウッドストック and Friends ミルクレープ
ピーナッツダイナー 神戸 (PEANUTS DINER) オーガニックミントメレンゲ ピーナッツカフェ 神戸 (PEANUTS Cafe) 店内
ピーナッツカフェ 神戸 (PEANUTS Cafe) 店内 ピーナッツカフェ 神戸 (PEANUTS Cafe) オリジナルグッズ
【ピーナッツダイナー 神戸 (PEANUTS DINER)】
ジャンル
カフェ、ダイニング、レストラン
住所
神戸市 中央区 中山手通1-22-26 PEANUTS HOTEL 3F  マップ
アクセス
JR三ノ宮、阪急神戸三宮駅から北西へ徒歩約7分
 北野坂を北にあがり、山手幹線を渡り、北行一通の筋すぐ
  神戸牛丼 広重から南にすぐ
電話
078-862-3912
 ※電話番号はPEANUTS Cafe 神戸(1F)との共通番号
営業時間
11:00~23:00(L.O.22:00)
定休日
無休
目安予算
  ≪税別価格≫          2018.11.20
【ピッツァ】
スヌーピーのマルゲリータ       1500円
スパイクのツナ・カセロール風ピッツァ 1600円
パパの大人なスパイシーディアボラ   1650円
ビーグル・スカウトのビスマルク    1800円
ルーシーのバンビーナピッツァ     1600円
ジョー・カクタスのTEX-MEX ピッツァ  1800円
オラフのクアトロフォルマッジ     1900円
チャーリーブラウンのスペシャルパルマ 2500円
【パスタ】
ビックベンのホコリ高きカルボナーラ  1600円
凧食いの木のジェノベーゼ       1600円
ピーナッツギャングのミートボールパスタ1800円
【サラダ】
バブエットの恋するグレインサラダ   1200円
フリーダのスパイスシュリンプラサダ  1350円
ルーシーのトマトとブラータチーズのカプレーゼ 1800円
【メイン】
スヌーピーのグリルサーモン 大麦とケールのリゾット 2000円
シェフ ウッドストックのステーキ トリュフとポテトのエクラゼ 3000円
【デリ】
ライナスと星空のスープ         800円
マカロニ&チーズ            600円
ウッドストックの巣           980円
ライ麦ブレッド             300円
BBQチキンウイング          650円
生ハム盛り合わせ           1200円
【デザート】
チャーリーブラウンのチョコバナナ ベイクドアラスカ 800円
ウッドストック and Friends ミルクレープ 900円
サリーのパーブルドレスサンデー     880円
フリーダのピンクピーチメルバサンデー  980円
【ドリンク】
ピーナッツバターミルクセーキ      880円
チョコチップミルクセーキ        880円
ルーシーのホームメイドレモネード    780円
ルートビア               750円
ルートビアフロート           830円
エビアンコーヒー            600円
カフェオレ               650円
オーガニックアイスティー        600円
ジンジャーツイスト           600円
カモミールシトラス           600円
オーガニックミントメレンゲ       600円
フェラレッレ、フェラレッレノンガス   800円
コーラ、ジンジャーエール        600円
オーガニックオレンジジュース      600円
ありまサイダー             700円
生ビール(サッポロ 黒ラベル)     600円
ブルームーン              850円
ブルックリンラガー           900円
ノンアルコールビール          600円
カクテル各種              700円
ワイン スパークリングワイン      700円~

【ランチコース】  11:00~17:00
ピッツァコース            2800円~
パスタコース             2800円~
メインコース             3800円~

【ディナーコース】 17:00~23:00 (L.O.21:30)
ピッツァコース            3500円~
パスタコース             3500円~
メインコース             4500円~
お勧め
スヌーピーをモチーフにした料理
駐車場
駐車サービスなし。 周辺にコインパーキングあり
備考
・『ピーナッツダイナー 神戸 (PEANUTS DINER)』は「ピーナッツホテル」に2018年8月1日にオープン
 ※「ピーナッツホテル」
    コミックから、スヌーピーのドッグハウスで寛いで寝てしまう小鳥たちをみて、" IT'S NICE TO HAVE A HOME WHERE YOUR GUESTS FEEL COMFORTABLE "と感じるスヌーピーをホテルのコンセプトに、3フロアを「IMAGINE」「HAPPY」「LOVE」とそれぞれテーマを設定、さらに全18室すべて 異なるコミックをコンセプトにした客室になっている
・『ピーナッツダイナー 神戸 (PEANUTS DINER)』はオープン当初は完全予約制だったが現在は空いていれば予約なくても利用可能。 下記HPで予約できるほか、空き状況も見ることができる
・「ピーナッツホテル」には『ピーナッツダイナー 神戸』の他、1階にテイクアウト専用のカフェスタンド「ピーナッツカフェ 神戸 (PEANUTS Cafe)」もあり、テイクアウトのドリンクやフードや、ピーナッツホテルオリジナルグッズ販売などあり(予約不可)
公式HP
・HP   ピーナッツホテル(PEANUTS HOTEL)
・facebook ピーナッツホテル(PEANUTS HOTEL)
・instagram ピーナッツホテル(PEANUTS HOTEL)
取り寄せ
 
クーポン
 
メディア
・テレビ「かんさい情報ネットten.」(2018.7.4) で、『ピーナッツホテル(PEANUTS HOTEL)』を「神戸に日本初となるスヌーピーのキャラクターホテルが誕生。 全18部屋が異なるデザインで宿泊部屋以外にもロビーやエレベータにもホテル中にスヌーピーが描かれている。東泰輔マネージャーは「作者のシュルツ氏のアトリエがある米サンタローザの町並みと、神戸の空気感が重なり、自然あふれる神戸で開業するところに意味があると感じている」とコメント」と紹介
・テレビ「NHKニュース」(2018.7.4)で、『ピーナッツホテル(PEANUTS HOTEL)』を「人気キャラクターのスヌーピーをテーマにした国内で初めてのホテルが、神戸市にオープン。「スヌーピー」は1950年~2000年までアメリカの新聞に掲載された4コマ漫画「ピーナッツ」のキャラクターで、18あるすべての客室に漫画が飾られている。漫画のストーリーは、友情や恋愛、人生哲学などさまざまなテーマがあり、部屋の壁紙にはそうした作品の世界観にそったキャラクターやセリフが描かれている。レストランではスヌーピーの好物のピザなどのメニューが用意されている」と紹介

ピーナッツダイナー 神戸 (PEANUTS DINER)  感想・口コミ     18/08/22
総合評価
       80点/100点
味・値段
・神戸の食材をベースに、PEANUTSの仲間たちのユニークな
  エピソードをモチーフにしたメニューがいろいろと揃う、
  プライスレスなオンリーワンサービス

・【ウッドストック and Friends ミルクレープ】
 ウッドストックや仲間の鳥たちをイメージしたミルクレープで
  ミルクレープの上にのるカスタードはウッドストック、
   オリビエ、コンラッド、ビル、フレッド、ロイを
   リボンはハリエット、ブルーベリークリームはレイモンドを表現。
   マンゴーとパッションフルーツのソースが美味しいアクセント
店舗
・落ち着いた大人可愛い雰囲気の店内は、チャーリーブラウンのセーター柄のカーテンで奥と手前に少し区切られていて、手前側は片側ソファ席の四人掛けテーブル席が2卓と、二人掛けテーブル席が3卓ある。奥側も20席以上あるようだが、個室はない。 ミラーを使い狭さを感じさせないレイアウト
・あちこちにスヌーピーたちのイラストが描かれ、ショーケースには年代物?のコレクションなどが飾られている。 また食器やカトラリー類も全てシンプルかわいいデザインのスヌーピーのイラスト付
・支払いにクレジットカードの使用可
・店内に入る前の廊下にはチャーリーブラウンやスヌーピーのイラストと一緒に写真が撮れるセットが置かれている
・宿泊客でなくても利用可能

 『平日のカフェタイム、一階は賑やかだったが、スヌーピーの犬小屋がモチーフの
     真っ赤なエレベーターに乗って3階に向かうホテル内は廊下や階段の
     壁にもいろいろイラストが描かれ、どっぷりスヌーピーワールドに!
     店内に入ると流石に平日のためか、あまり人はおらずゆったり。
    メニューは写真と丁寧な説明があって分かりやすく「ウッドストック and
     Friends ミルクレープ」とオーガニックミントメレンゲを注文。
    オーガニックミントメレンゲは、茶葉なしのポットサービスで、量的には
     カップ一杯半ぐらいで、爽やかなミントの深い香がいい感じだね。
     コースターは普通持って帰りにくかったりするが、初めから使用せずに
     持って帰ってもよいとスタッフに言われたので、気兼ねなく頂戴。
    ミルクレープは少し小ぶりなスイーツだが、オシャレにマンゴーと
     パッションフルーツのWソースで飾られていて、キュートな感じ。
     上にはウッドストックたちを模したカスタードクリームなどが乗り、
     さらに上には細く削った柑橘の皮?が乗っているが特に酸味はなく、
     全体的に程よい甘さで、凝った見た目と違い味的にはごくごく普通だが
     スヌーピーファンには堪らない感じかも』(80点)




カラピンチャ(Karapincha)

カラピンチャ(Karapincha)

カラピンチャ(Karapincha)関連写真にカーソル移動でメニュー名などを表示

カラピンチャ(Karapincha) 店舗 カラピンチャ(Karapincha) 今週のライス&カリーのメニュー内容
カラピンチャ(Karapincha) 原材料の産地表示 カラピンチャ(Karapincha) スパイスなどの販売棚
カラピンチャ(Karapincha) 今週のライス&カリー(チキンカレー) カラピンチャ(Karapincha) 今週のライス&カリー(チキンカレー)
カラピンチャ(Karapincha) 今週のライス&カリー(チキンカレー) カラピンチャ(Karapincha) ヤシの花蜜がけヨーグルト
【カラピンチャ(Karapincha)】
ジャンル
カレー、スリランカカレー、スリランカ料理
住所
神戸市 灘区 王子町1-2-13  マップ
アクセス
阪急 王子公園駅から阪急高架の南側沿いを東へ徒歩約1分
 広東料理 天天から西にすぐ
電話
078-805-3039 ※予約不可
営業時間
11:00~15:00 ※売り切れ次第終了
定休日
月曜、火曜、他休業日は下記ブログ、Facebook等に掲載
目安予算
  ≪税込価格≫          2018.11.10
【今週のライス&カリー】
 ・チキンカレー       1000円
 ・エビカレー        1100円
 ・ミリスマール(さんま)  1100円 ※魚は週替り
 ・甘長ししとうの煮物    1000円 ※野菜は週替り

 どのカレーにも下記全てセット
  レンズ豆のカレー、ほうれん草のさっと煮、
  ココナッツのふりかけ、じゃがいもの煮物、
  豆の揚げせんべい,ヤシの花蜜がけヨーグルト
 ※別皿のカレーなしは     800円
  ご飯大盛り、おかわり100g +100円
  ご飯とカレー両方大盛り  +200円
  スリランカ産赤米に変更  +200円
 ※オプション
  ルヌミリス        +100円
  シンハラアッチャール   +100円
  揚げ玉子         +150円
  野菜カレー(小)     +150円
  チキンカレー(小)    +200円
  エビor魚カレー(小)   +250円

【HOPPERS】
 アーッパ           200円
 ビッタラアーッパ       300円

【ヌードルス(NOODLES)】 キリバニ付
 ・チキンカレー&豆カレー(小) 850円
 ・エビカレー&豆カレー(小)  950円
 ・魚カレー&豆カレー(小)   950円
 ・野菜カレー&豆カレー(小)  850円
  ※各大盛り        +150円

【コットゥロティ(KOTTU ROTI)】 キリバニ付
 ・チキンカレー        950円
 ・エビカレー        1050円
 ・魚カレー         1050円
  ※各大盛り        +200円

【ドリンク】
 紅茶(キリテー、ブレンテー) 350円
 ジンジャービア        400円
 オーガニックウーロン茶    250円
 ライオンラガー(ビール)   600円
 ライオンスタウト(ビール)  600円
 アラック(ココナッツ蒸留酒) 500円
お勧め
今週のライス&カリー
駐車場
駐車サービスなし。 東隣に台数は少ないがコインパーキングあり
備考
・『カラピンチャ(Karapincha)』は2013年12月20日にオープン
・店主はスリランカでのレストランや家庭での料理修行を経て、以前『水道筋カラピンチャ』として2012年6月14日から水道筋商店街の東側、「ティダチチサロン」(神戸市灘区篠原南町7-1-18)で毎週日曜と月曜のみ営業をしていたが、現在の場所に移転
・店名の『Karapincha』は、スリランカの公用語のひとつシンハラ語で、スリランカ料理でかかすことのできないスパイス「カレーリーフ」の意
公式HP
・HP   カラピンチャ(Karapincha)
・facebook カラピンチャ(Karapincha)
・twitter  カラピンチャ(Karapincha)
・instagram カラピンチャ(Karapincha)
取り寄せ
カラピンチャ(Karapincha)取り寄せ可能
クーポン
 
メディア
・テレビ「ワケあり!レッドゾーン」(2017.10.15) で、1年間に300皿以上「カレー」を食べるというホフディランの小宮山雄飛さんが全国のおすすめカレー店として『カラピンチャ(Karapincha)』を「神戸市にあるスリランカ料理店で、「今週のライス&カリー」は周りに様々な副菜があり、混ぜて食べるスリランカタイプのカレーで、チキンほか4種類から選べる。 さらに、手順別に小分けされたスパイスで「チキンカレー」や「ブラックポークカレー」などを調理できる「スリランカ スパイスセット」は取り寄せが可能」と紹介
・テレビ「かんさい情報ネットten.」(2014.3.18) の「とことん満足 おでかけコンシェルジュ」コーナーの「こだわり店主が作る!王子公園の名物グルメ」特集で、『カラピンチャ(Karapincha)』の「本日のプレート」や米粉とココナッツミルクを混ぜて発行させた生地を焼いた「アーッパ」をシャンプーハットらが紹介

カラピンチャ(Karapincha)  感想・口コミ     18/11/10
総合評価
         95点/100点
味・値段
【今週のライス&カリー】
・ライスの周りに様々な副菜があり、混ぜて食べるスリランカ式
・スパイスは主にスリランカの大手メーカー「RUHUNU FOODS」品
  スリランカ産ココナッツファインや赤米、インド産レンズ豆、
  タイ産有機ココナッツミルク,米は滋賀産減農薬キヌヒカリ七分搗など
  店内黒板に産地表示があり、化学調味料不使用
・辛さ調整の卓上調味料はなく、各カレーに対し辛さは選べない
・一皿で十分の量があり、コスパは悪くない

<ライス&カリーの楽しみ方> ※メニューからの抜粋
・お皿手前のご飯のスペースで、カレーや各おかずを好みの配分で
 混ぜ合わせ、少しずつ変化を加えながら食べる。 ご飯とおかずを
 しっかりと馴染ませるのがスリランカ流
・豆せんべい(パパダン)はそのまま食べても砕いてふりかけてもいい
・料理の中の粒や葉のままの入っているスパイスは、残してもいい
・手で食べるのもご飯とおかずが良く馴染んで美味しい
  手食を希望で、料理の温度調整およびフィンガーボールを用意
店舗
・店内は白を基調にしたオシャレな感じだが少し狭く三角形のホールでカウンター席が4席とブルーの片側ベンチシートの横並びのテーブル席が8席ほどあり
・支払いにクレジットカードの使用不可
・店内は完全禁煙
・店舗前に簡易ベンチあり
・店内ではスパイスなども販売されている

 『土曜お昼の開店20分前に着くと誰もいなかったが、開店時には10人程の行列に。
    人気の今週のライス&カリーのチキンカレーでライスはスリランカ米を
     注文すると、ほどんど待ち時間なく待望の一皿が。
    レンズ豆のカレー、ほうれん草のさっと煮、ココナッツのふりかけ、
     じゃがいもの煮物、豆の揚げせんべい、ラトゥキャクル(赤米)が
     一皿に盛りだくさんでとっても嬉しく、別の器にチキンカレー。
    早速にチキンカレーを赤米に混ぜて頂くと、絶妙なスパイス感で辛党も
     喜ぶ辛さがストレートに炸裂! なかなかの辛さに嬉しい悲鳴。
      (チキンカレーは今日の中では2番目の辛さ)
     スリランカ米は食べにくさがなく、やわらかふっくらと炊かれ、
     米粒同士のくっつきが少ない分、カレーが馴染みやすく、より美味しく
     食べられるね! たっぷりと入った骨付きチキンは、よく煮込まれ、
     やわらかく身がほどける感じで美味しいね。
    他の副菜やレンズ豆のカレーなどいろいろと混ぜながら食べていくと
     あっさりとした煮物系に、ココナッツのふりかけは甘さが、
     豆せんべいは食感がそれぞれいいアクセントで、楽しく美味しいね。
    食べ終わり前にタイミングよく持ってきてくれたミニデザートのヤシの
     花蜜がけヨーグルトは優しい甘さが嬉しく、火照った口の中を穏やかに
     鎮めてくれる。
    正直過去スリランカカレーを食べたことがありましたが、あっさりだが
     スパイス感に乏しい勝手なイメージでしたが、すみませんでした。
     本物はやはり美味しい! 是非また違うカレーも食べてみたい』(95点)




コロンビアエイト 阿波座店 (Columbia8)

コロンビアエイト 阿波座店 (Columbia8)

コロンビアエイト阿波座店(Columbia8)関連写真にカーソル移動でメニュー名などを表示

コロンビアエイト 阿波座店 (Columbia8) 店舗 コロンビアエイト 阿波座店 (Columbia8) 店内
コロンビアエイト 阿波座店 (Columbia8) 説明書き コロンビアエイト 阿波座店 (Columbia8) キーマカレー
コロンビアエイト 阿波座店 (Columbia8) グレープフルーツジュース コロンビアエイト 阿波座店 (Columbia8) ミシュランのシール
【コロンビアエイト 阿波座店 (Columbia8)】
ジャンル
カレー、キーマカレー、大阪スパイスカレー、創作スパイス料理、バー
住所
大阪府 大阪市 西区 立売堀3-3-1  マップ
アクセス
地下鉄中央線 千日前線 阿波座駅の2番出口から徒歩約5分
地下鉄四つ橋線 本町駅の23番出口から徒歩約10分
 中央大通からサムハラ神社への通りの西側沿い
電話
06-6648-8355
営業時間
【月~金】 11:00~15:00、18:00~22:00
【土・祝】 11:00~17:00
定休日
日曜日
目安予算
  ≪税込価格≫         2018.11.09
【ランチ】 全てのカレーはグレープフルーツジュース付
 キーマカレー     850円
 花火         850円 辛口キーマカレー
 花火DX       950円 花火にネギ,卵,山椒トッピング
 ヌードルライス    900円
 ヌードルライスレッド 950円 ヌードルライスの花火バージョン
 生卵        + 50円 キーマカレーは不可
 温玉        +100円
 大盛        +100円
 アイスコーヒー    100円 ブラックのみ
 その他 アルコールもあり
お勧め
キーマカレー
駐車場
駐車サービスなし。 周辺にコインパーキングあり
備考
・『コロンビアエイト 阿波座店 (Columbia8)』は2011年4月5日にオープン
・『コロンビアエイト(Columbia8)』は 阿波座店のほか、北浜本店(大阪市中央区道修町1-3-3)、堺筋本町店(大阪市中央区南久宝寺1-9-2)、上本町店(大阪市天王寺区東高津11-7)などあり
公式HP
コロンビアエイト(Columbia8)
取り寄せ
下記通販サイトから『コロンビアエイト』監修レトルトカレーが取り寄せ可
楽天市場から取り寄せ可能
amazonから取り寄せ可能
Yahoo!ショッピングから取り寄せ可能
クーポン
 
メディア
・「ミシュランガイド 京都・大阪 2018」でカレー店として初めて『コロンビアエイト 北浜本店』がビブグルマンとして掲載され、「ミシュランガイド京都・大阪+鳥取(2019)」でも連続して掲載
・「究極のカレー 2019関西版」で、『コロンビアエイト 上本町店』を「孤高のスパイス感を上本町で」「約30種の スパイスを駆使した看板のキーマはスパイスの豊かな香りが衝撃的でクセに」「ライス大盛り無料はここだけ」と紹介
・テレビ「あさパラ!」(2015.6.6) で、『コロンビアエイト 堺筋本町店』を 「カレー激戦区の本町の中でもスパイスカレーの名店。30種類以上のスパイスを調合し完成したひき肉たっぷりのキーマカレーは、上にのっているしし唐をかじりながら食べるというこだわりの食べ方」と紹介
・テレビ「NHKニュース おはよう日本」(2015.5.6) の「大阪スパイスカレー物語 情熱の一皿を」特集で、『コロンビア8』を経営する”オギミール”こと荻野善弘さんは、20代のころ偶然食べたカレーに衝撃を受け、仕事をやめ故郷の兵庫を離れて単身大阪に。その後は和洋中の料理店で6年間修行を重ね、現在はそこで得た経験をカレー作りに活かしている。30種類以上のスパイスを使っているが、スパイスの種類や配合はプロにも想像がつかない。また使われる食材もバジルやししとうなど多方面の料理を参考にしている」「荻野さんはカレー作りについて「すべてカレーに集約。いろんな経験が生かせています。私にはすべて。自分自身であり人生そのもの」と話す」と紹介
・テレビ「雨上がり食楽部」(2015.4.2) の「北浜の大行列グルメツアー」で、『コロンビアエイト』の「キーマカレー」を紹介

コロンビアエイト 阿波座店 (Columbia8)  感想・口コミ     18/11/09
総合評価
        85点/100点
味・値段
【キーマカレー】
・ルゥは野菜,鶏肉,魚介から取ったスープに30種以上のスパイス使用
・ライスは白米と押し麦のミックス
・ランチはグレープフルーツジュースもついてお得

下記、食べ方の説明書きあり
 <右手にスプーン、左手にししとう>
 キーマカレーはししとうの苦みと合わせています。
 まずししとうを左手で持ち、少しずつかじりながら食べる。
 ししとうの苦みはスイカに振る塩のような働きで、
 スパイスの香りをひらいやすくしてくれる
店舗
・奥に長い店内には10人掛けの高めのカウンターのみあり、テーブル席はない。 またカウンターの椅子は、ややくたびれた感じ
・支払いにクレジットカードの使用不可
・店内は完全禁煙
・店頭の立て看板にはお店の掲載雑誌の写真が貼られている。 また店内にはミシュランに掲載されたことも貼られている

 『花火も気になったが、スタンダードで初めての方はこの一皿とあったので注文した
     キーマカレーは、すごくスパイス香る一皿で、中央のライスの上に
     玉葱の酢漬け、さらにその上に、ししとうがのった特徴的ビジュアル!
    説明書きによると左手にししとうを持ってかじりながらカレーを食べると
     一層スパイスの香りが際立つとかで、その斬新なスタイルで食べると
     意外に辛さは見た目ほどないが、鼻から抜けるスパイスの香りが抜群で
     かためのご飯とルゥにあっていて美味しいね。
    小麦粉不使用のさらっとしたルゥは、ミンチ肉もたっぷり入っていて、
     ナッツの食感やレーズンの甘さがいいアクセントになっているね。
     最後にグレープフルーツジュースを飲んで御馳走様でした。
    大阪スパイスカレー恐るべし! 今度は花火も食べてみたいね。
    ちなみに他のキーマカレーを食べていた5人ほどを見てみたが、素直に?
     ししとうを持って食べているのは偶然か自分だけでした・・・』(85点)


コロンビアエイト監修カレーの通販

取り寄せはこちらの画像クリック